交通事故で「選挙立候補」断念… “慰謝料”は認められるのか?

もし候補者が事故に遭い、立候補を断念したら……慰謝料は認められるor認められない? [拡大する]

もし候補者が事故に遭い、立候補を断念したら……慰謝料は認められるor認められない?

 第18回統一地方選挙(後半戦)の投票があすに迫り、候補者の演説を目にする人も多いのでは? 人通りや交通量の多い場所で活動する候補者は、トラブルに遭遇する可能性も高い。過去には、なんと交通事故に遭い、立候補そのものを断念したケースもある。この場合、慰謝料は認められるのか? 損害賠償額はいくら? 詳しく見ていこう。

<事故内容>
 2007年3月13日朝、神奈川県横浜市で、市議会議員選挙の立候補者が政治活動のため車で駅へ向かっていた。駅前の信号機のない横断歩道にさしかかったとき、歩行者が横断中だったため、前車に続いて停止していたところを後続のタクシーに追突された。原因はタクシーの前方不注視であり、候補者に過失はない。

 事故自体は軽微なものだったが、候補者は頚椎捻挫により、首の痛みがひどく、日常生活が困難になった。そのような状態では街頭演説や徒歩遊説といった選挙活動ができないことから、告示日前日に立候補の断念を余儀なくされた。

<判決>
 裁判では、「追突事故」と「立候補断念」との因果関係が認められた。そのため、ウグイス嬢のキャンセル料や選挙運動用ポスター、選挙事務所設置費用、事務機器レンタル費用など、すでに支払った(あるいは支払う予定のある)損害について賠償請求を認めた。

 立候補を断念したことに対する慰謝料として、候補者は300万円を請求したが、裁判所は「当選したかどうかは不明」などとして、50万円と認定。本件の損害賠償額は、合計で約370万円となっている(2011年12月21日横浜地裁判決)。

 交通事故は、いつ・どんなときに遭遇するかわからない。常に安全確認を怠らず、万が一のための補償はしっかりつけておくことが賢明といえるだろう。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

■万が一のときに役立つ”補償” 充実している保険を探そう!
【最新】ドライバー満足度が高い「商品内容の充実度」ランキング

>>制作協力
株式会社マイト


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。