“ハイヒール運転”で小学生が犠牲に! “女性”要注意の事故事例

ハイヒールやサンダルなど、安全に支障を及ぼすおそれのある靴を履いて運転することは避けよう [拡大する]

ハイヒールやサンダルなど、安全に支障を及ぼすおそれのある靴を履いて運転することは避けよう

 車を運転する際、安全に考慮して支障のある靴を履かないことは、ドライバーなら当然念頭に置いておくべき。通っていた自動車教習所に「ハイヒールやサンダル禁止」といった規則があるのもそのためだ。ところが、実際にはそのような靴を履いて運転したために、事故を起こし、犠牲者を出した事例が存在する。

<事故内容>
 2011年9月27日夕方、宮城県仙台市で、会社業務として乗用車を運転していた女性が、路肩の段差に乗り上げて車を停めようとした。その際、ハイヒールのかかと部分を固定したまま、つま先だけでブレーキを踏もうとしたが、段差に乗り上げた衝撃でつま先が滑り、アクセルを踏み込んで暴走。前方を歩いていた小学生3人を跳ね、そのうちの1人(当時9歳)を車の下に巻き込み、死亡させた。

<判決>
 小学生の遺族らは、女性と女性の勤務先を相手取り、約9700万円の損害賠償を請求した。裁判では、女性は事故の約半年前にもハイヒールを履いて運転し、ブレーキを踏み外した経験をしていたほか、高速道路を時速151キロで運転していた事実が明らかになった。

 そのため、判決では、女性の日頃の道交法遵守や安全運転に対する意識の低さを厳しく指摘。今回の事故も「被告による一方的かつ程度の比較的重い過失に基づく危険な運転行為によって発生したもの」とされ、落ち度のない小学生を死亡させるという取り返しのつかない結果を生じさせたこともあり、約6500万円の支払いを命じた(2013年3月29日仙台地裁判決)。

 この女性は、刑事裁判でも懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けている。こういった事故を防ぐために、ドライバーは改めて気を引き締め、ルールを確認・遵守するなど、しっかり対策をとっておこう。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

>>保険選びも対策のひとつ! ドライバーが選ぶ「満足度の高い」自動車保険ランキング

>>制作協力/株式会社マイト


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。