損保主要7社の2015年3月期決算、引受利益全社が黒字に

損保主要7社の2015年3月期決算、保険引受利益では全社が黒字を達成(写真はイメージ) [拡大する]

損保主要7社の2015年3月期決算、保険引受利益では全社が黒字を達成(写真はイメージ)

 損保主要7社(東京海上日動、日新火災、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパン日本興亜、富士火災、共栄火災)の2015年3月期決算(14年4月1日〜15年3月31日)が出そろった。3メガ損保(東京海上グループ、MS&AD、損保ジャパン日本興亜)の連結業績は経常収益、経常利益、当期純利益ともに前年を上回った。各社単体の業績では、正味収入保険料が6社で前年度を上回った他、損害率とコンバインドレシオが全社で改善。また、保険引受利益では全社が黒字を達成した。

 正味収入保険料は、6社で増収、1社で減収となった。損保ジャパン日本興亜が4.8%で最も高い伸び率を示し、次いで三井住友海上(4.4%)、東京海上日動(3.6%)と、大手損保が前年度対比で3%以上伸ばした。3メガ以外では、共栄火災が3.0%の伸び率を示した。

 損害率は、全社で70%を下回り、改善傾向が続いている。最も低かったのは富士火災の54.8%。コンバインド・レシオは7社全社で改善し、引き続き収益性の改善が進んでいることを示した。

 ソルベンシー・マージン(SM)比率は、各社とも650%以上の高水準を維持。日新火災の1064.5%を筆頭に、富士火災が939.9%、共栄火災が921.4%で続いた。

 3メガ損保の連結業績を見ると、当期純利益は、東京海上ホールディングスが2474億3800万円、MS&ADインシュアランスグループホールディングスが1362億4700万円、損保ジャパン日本興亜が542億7600万円で、3社とも増益。東京海上は前年度比で34.4%、MS&ADは同45.8%増となった。

(保険毎日新聞)

>>【自動車保険】ドライバーが選ぶ<総合>満足度ランキング【ベスト19】

>>自動車保険料に大きな差!? 知っておくべき「年齢条件」と「等級」


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。