損保料率機構が15年1月末の自賠責・共済成績を集計

損保料率機構が、2015年1月末の自賠責保険・共済成績を集計(写真はイメージ) [拡大する]

損保料率機構が、2015年1月末の自賠責保険・共済成績を集計(写真はイメージ)

 損保料率機構が集計した2015年1月末の自賠責保険・共済成績(速報ベース、年度累計)によると、内国社、外国社、JA共済、全労済、全自共、交協連トータルで、台数3680万5531台、保険料(掛け金)9722億9550万円となった。

 このうち、内国社は台数3358万8434台、保険料は前年同月に比べてわずかに増加し8943億4883万円。シェアは91.98%で前年同月比0.02ポイントダウンした。

 外国社は台数1万571台、保険料は前年同月比8.7%減の2億6789万円で、シェアは0.03%と前年同月比増減なし。

 この結果、損保合計では3359万9005台、前年同月に比べてわずかに増加し8946億1673万円となり、全体の92.01%を占めた。

 共済は合計で320万6526台、掛け金は前年同月比0.3%増の776億7878万円となった。シェアは7.99%と前年同月比0.02ポイントアップした。

 保険・共済合計に占める内国社のシェアは次の通り。()内は前年同月。

▽損保ジャパン日本興亜=28.95(―)
▽東京海上日動=23.77(23.43)
▽あいおいニッセイ同和損保=16.39(16.33)
▽三井住友海上=15.33(15.37)
▽富士火災=2.86(2.94)
▽日新火災=1.93(1.93)
▽共栄火災=1.74(1.71)
▽朝日火災=0.33(0.33)
▽AIU=0.26(0.28)
▽大同火災=0.23(0.23)
▽セコム損保=0.12(0.13)
▽エース保険=0.02(0.03)
▽セゾン自動車火災=0.00(0.00)
▽アメリカンホーム=0.00(0.00)

【原付自賠責】
 原付自賠責はこのうち190万6560台、保険料(掛け金)212億6671万円で、4.9%の減収となった。自賠責全体に占める割合は2.19%で、前年同月比0.11ポイントダウンした。

(保険毎日新聞)

>>保険を使ったドライバーが選ぶ! 満足度の高い「自動車保険」ランキング

>>保険料が安くなる!? 自動車保険3社の“最新保険プラン”とは?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。