「梅雨」の運転は要注意! 想定すべき被害と対策を紹介

雨の日の運転、想定される被害と対策は? [拡大する]

雨の日の運転、想定される被害と対策は?

 梅雨に入り、激しい雨への警戒を呼びかけられる地域も見られるようになった。自然災害は、いくら注意していても避けることは難しく、運転時に車に損害を受けてしまうケースも少なくない。雨によって遭遇する被害には、どのようなものが想定されるのか? 対策として挙げられるのは何か? 具体的に見ていこう。

■道路・河川の堤防などの整備がされている場合

 道路や堤防などの整備がされている場所では、道路の水位が上がることによる冠水、車内への浸水被害などが考えられる。暴風の際は、物が飛んできて車両を傷つけるケースにも注意したいところだ。

■道路・河川の堤防などの整備がされていない場合

 道路が整備されておらず、山道やその周辺を走行する場合、雨によって地盤が緩くなっていると、突然土砂崩れが発生して自動車が土石流に巻き込まれてしまうことがある。

 堤防などの整備が進んでいない場合は、豪雨時には決壊、冠水することもある。その際、走行中・駐車中の自動車は浸水被害に遭うことも想定される。

 このような自然災害によって自動車に損害があった場合は、車両保険で補償される。あらかじめ事故対応の良い保険会社を選んで加入しておくのが、得策といえるだろう。ただし、地震や津波、火山噴火など、災害の種類によっては補償対象外となる場合もあることは覚えておこう。

>>実際に保険を使ったドライバーが選ぶ! 「事故担当者の対応」ランキング

>>事例:“億”単位の損害も… 高速での「トラック追突事故」


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。