タクシーが急ブレーキで事故… 乗客の損害賠償額はいくら?

もし乗車中のタクシーが事故を起こしたら……損害賠償額はいくら? [拡大する]

もし乗車中のタクシーが事故を起こしたら……損害賠償額はいくら?

 重い荷物を持っているときや飲酒後などに役立つ「タクシー」。ドライバーは第二種運転免許を持ってはいるが、自動車である以上、危険がないとは言い切れない。では、乗車中のタクシーが事故を起こした場合、損害賠償額はいくらになるのか? 今回は、タクシーの急ブレーキにより乗客が負傷した事例を紹介する。

<事故内容>
 2012年7月3日午前、大阪府大阪市内で、親子2人がタクシーの後部座席に乗車。タクシーは時速30キロ前後で走行していたが、突然急ブレーキをかけた。その反動で、親の首が前後に大きく揺れ、腕や体を運転席の後ろにぶつけた。また、子どもの方も助手席のヘッドレストに頭をぶつけた。

<判決>
 親子側は、タクシーの運転手とタクシー会社を相手取り、約280万円を求める訴えを起こした。判決では「運転手は、適切にブレーキ操作を行って乗客の安全を確保する注意義務があるが、これを怠って急ブレーキをかけた過失がある」と指摘。

 一方、親子側にも「シートベルトを着用していなかった」という過失があった。そのため、「もし着用していれば、ケガは軽くなった可能性があった」として、親子側に1割の過失相殺を適用、タクシー運転手らには約170万円の賠償が命じられた(2014年7月25日大阪地裁判決)。

 このタクシーには、後部座席付近に“安全のためにシートベルトをおつけください”と書かれたステッカーが貼られていた。同様のものを目にしたことがある人は多くても、必ず従っているという人は少ないかもしれない。「慎重に運転する」「補償の充実している自動車保険に加入しておく」といった事故への備えも大切だが、“車の乗り方”に関してもしっかり気を配りたいところだ。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

>>事故時に役立つ「自動車保険」 ドライバーの”満足度”総合ランキング

>>制作協力/株式会社マイト


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。