自動車保険の“プロ”が答える! 車両保険を安くするコツは?

保険料に大きく関わる「車両保険」。ファイナンシャルプランナーが”安くするコツ”を紹介 [拡大する]

保険料に大きく関わる「車両保険」。ファイナンシャルプランナーが”安くするコツ”を紹介

 自動車保険に詳しいファイナンシャルプランナーの横川由理氏に、保険を選ぶ際に抑えておくべきポイントを“初心者目線”で聞く同特集。前回は「一括見積り」の注意点を紹介したが、今回は、車両保険の保険料を安くするコツについて紹介していく。

【Q】
車両保険は自分の車の修理費などを補償するためものだと思いますが、保険料を安くするコツはありますか?

【A】
「保険タイプの選択と免責の設定次第で変わります」

 車両保険の保険料を安くするコツは、保険タイプの選択と免責の設定が大きく影響します。

 車両保険は、オールリスクタイプ(地震、噴火、津波以外の事故を補償)とエコノミータイプ(地震等に加えて相手のいない事故や自転車との接触、当て逃げなどが補償外)の2種類があり、エコノミータイプを選ぶと保険料は安くなります。補償範囲がオールリスクタイプに比べて狭いので、当然ともいえます。

 一般的に、基本保険料の1.6倍でエコノミーがついて、2〜2.6倍でオールリスクがつくといわれています。ちなみに、ある保険会社でトヨタ・アクア(車両保険145万円)の見積もりをしたところ、車両保険をつけないと4万9000円、エコノミー7万7000円、オールリスク10万8000円となりました。

■免責設定で何が変わる?

 次に免責設定。事故で保険を使うと、基本は3等級ダウンして「事故あり」扱いとなり、保険料が高くなります。修理代として5万円程度なら自腹を切ってもいいと考える人は、免責額を5万円に設定しましょう。そうすることで、オールリスクでも保険料が約1.5万円下がります。免責額を10万円にすれば、保険料はさらに約2万円安くなります(保険会社によって安くなる保険料は異なります)。

 「保険料を安くおさえたい」、「補償を厚くしたい」など希望は人それぞれ。ただ、当たり前ですが、高い保険の補償は厚く、安い保険はそれなりです。自分にとって何が一番重要なのかを理解し、賢く選ぶことが大切です。

(取材協力:ファイナンシャルプランナー・横川由理)
FPエージェンシー代表。 FP資格取得講座をはじめ、マネーセミナー、執筆など幅広く活動。 著書に『保険 こう選ぶのが正解!』(実務教育出版)、『50歳から役に立つ「お金のマル得術」』(宝島社)、『よい保険・悪い保険2015年版』(宝島社)などがある。

(取材・文:寺本亜紀)

>> 保険を使った3万2835人に調査! 満足度の高い【自動車保険】ランキング

>> 【前回紹介】“プロ”が答える! 「一括見積り」の注意点


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。