【自動車保険】自損事故で「保険を使う」or「使わない」 どう決める?

自損事故で車に損傷があったら…保険を使うべき? それとも自腹で修理?  [拡大する]

自損事故で車に損傷があったら…保険を使うべき? それとも自腹で修理? 

 車を運転していると、電柱にぶつけたり、ガードレールなどの“モノ”に擦って傷をつけてしまうこともあるだろう。このように相手がいない事故のことを「自損事故」というが、もし自損事故で車に損傷があったとしたら、等級が下がっても保険を使って修理すべきか? それとも自腹で修理するほうがいいのか? その“決め方”を紹介する。

■自損事故で車の修理費に充てられるのは「車両保険」

 まず、前提条件として頭に入れておきたいのは、車の修理費に充てられる保険が「車両保険」ということ。また、車両保険は基本的に「オールマイティタイプ」と「エコノミータイプ」の2種類があり、自損事故時に適用されるのは「オールマイティタイプ」ということも覚えておこう。「エコノミータイプ」では、自損事故に対する補償はないが、その代わり保険料は安い。今一度、加入しているプランを確認しておこう。

■保険の使用は「修理費」と「保険料」を鑑みて決める
 
 自損事故の場合、保険を使用すると翌年3等級ダウンする。3年間は元に戻ることがなく、もしその間に再び事故を起こして保険を使用すると、さらに等級が下がってしまう。その分、保険料が上がるので、保険の使用については修理費次第と考えたほうが無難だ。

 そこで、まずは自動車修理工場やディーラーの元へ行き、損傷の度合いを確認してもらおう。修理にかかる費用の見積もりを出してもらったら、次は保険会社へ連絡。保険を使用した場合に翌年の保険料がどの程度変わるのか問い合わせ、自腹で修理したほうが安く済むのであれば、そのほうが“おトク”だ。保険会社によっては、Webサイト上に算出ステムが用意されているところもあるので、参考にするのもいいだろう。

 自損事故は、すべて自分の責任であるため、保険を使えば当然等級は下がるが、事故の程度によっては保険がないと大きな負担を抱えることになりかねない。万一のときのためにも、なるべくオールマイティタイプの車両保険に加入し、備えておくことをおすすめする。

>> 「車両保険」を探すなら! 満足度の高い【自動車保険】ベスト19

>> 自動車保険の「保険料」が変わる要素は何? すぐわかるポイント紹介


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積・比較はこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。