バイク“不注意”で車と接触 裁判所が下した両車の「過失割合」は?

バイクライダーの“不注意”により事故が発生したら、ドライバーの過失はどれくらい? [拡大する]

バイクライダーの“不注意”により事故が発生したら、ドライバーの過失はどれくらい?

 自動車に比べ、事故時のダメージが大きい「バイク」。接触・衝突した場合、転倒して大ケガを負うケースが多いため、車側の責任が重いと予想できる。では、もしバイクライダーの“不注意”が原因で事故が発生したら、ドライバーの過失はどのくらい認められるのだろうか? 実際の判例を見てみよう。

<事故内容>
 2012年1月27日午前、大阪府大阪市の片側3車線の幹線道路で、最も右側の第3車線を走行していたタクシーとその左側を走行していたバイクが接触。バイクは転倒滑走し、ライダーは大ケガを負って後遺障害が残った。

<判決>
 ライダーは、タクシーのドライバーとタクシー会社に対し、ケガの治療費や慰謝料など約1460万円を求める訴えを起こした。

 判決では、接触するまでバイクに気付いていなかったドライバーに「車両左側の安全確認を怠った過失がある」とした。だが、あくまで第3車線内を直進していただけであり、事故原因は「ライダーが周囲をよく確認せず右へ寄っていったこと」と判断。過失割合はバイク95%、タクシー5%と認定された。

 過失相殺後のバイク側の損害額は約60万円となったが、ライダーはすでに自賠責保険から344万円の支払いを受けており、これを損害額などに充当すると、そもそも損害賠償請求権が残存していないことになるため、請求はすべて棄却された(2014年10月14日大阪地裁判決)。

 自動車とバイクによる事故では、自動車側の責任が重くなるように思えるが、必ずしもそうではない。とはいえ、大きな負担を背負うことももちろんある。いざというとき、自分を守るためにも、補償を厚くしておくと安心だ。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

>> 加入前にチェック! ドライバーが選ぶ【自動車保険満足度ランキング】

>> 制作協力/株式会社マイト


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。