仕事中に車で事故を起こしたら… 損害賠償は自腹になる?

会社の車を運転中に事故を起こした場合、損害賠償は請求されるのか? [拡大する]

会社の車を運転中に事故を起こした場合、損害賠償は請求されるのか?

 営業や不動産業に携わっている人など、会社が所有またはリースしている車、いわゆる「社用車」を利用して仕事をしている人も多いはず。車に乗っている以上、無縁とは言い切れないのが交通事故。もし、社用車運転中に事故を起こしてしまった場合、会社から損害賠償を請求されることはあるのだろうか?

■業務中であれば会社が賠償負担

 会社には「使用者責任」と呼ばれる法律上の決まりがある。これは、社員が業務にあたって起こしたトラブルや第三者を巻き込んだ事故について、会社が損害を賠償する責任があるという規定だ。では、なぜ個人の不法行為まで責任を取る必要があるのか? それは、次の二つの考え方を基礎としているためだ。

【1】会社は労働者の活動によって利益を上げているので、労働者が働いているときに生じた損失の責任も負担するべきであるという考え方

【2】労働者を使用することで対外的な危険を発生させたことについては、使用者である会社が責任を負うべきという考え方

 もちろん、酒気帯び運転などの過失や損害の度合いによっては、社員が損害賠償をする必要がある。なお、具体的に責任がどれくらい軽減されるかは、加害行為の態様、労働条件、勤務態度などによって判断される。だが、これまでの判例をみても社員が全額賠償する可能性は極めて低いようだ。

■車両の修理代も会社負担?

 それでは、事故によって車両が破損してしまった場合、修理代も支払う必要はないのだろうか? こちらについても、業務中の事故であれば基本的には会社が加入する自動車保険でまかなうことが一般的である。とはいえ、就業規則に沿っていれば、減給などの処分が課せられることもある。

 社用車に限らず事故を起こさないにこしたことはない。だが、業務中に起きてしまった事故の場合、自腹で賠償する必要性は極めて低いと考えてよさそうだ。

(オオノ・ヨーコ)

>> 万が一に備えてチェック! ドライバー満足度の高い【自動車保険】ベスト19

>> 「巻き込み」事故で死亡… “自転車運転者”要注意の事例とは?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積・比較はこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。