車と電車の“踏切事故” 高額賠償危機の事例とは?

踏切事故の再発防止策には、どのようなことが考えられるか? [拡大する]

踏切事故の再発防止策には、どのようなことが考えられるか?

 車両や通行人が電車と衝突・接触し、踏切事故を起こしてしまうと、処理に時間がかかって鉄道会社や利用者に多大な迷惑がかかる。さらに、電車が損傷したり踏切が故障した場合は、一般的に数千万円の損害賠償が発生。過去には1億円以上の支払いを命じられた判例もある。このような事故は是が非でも避けたいところだが、防止策としてはどのようなことが考えられるのか? 過去の事例から紐解いていく。

<事故内容>
 タクシーが走行中、踏切に差し掛かった。すでに警報機は鳴っていて、遮断機も降りていたが、運転手が考えごとをしていたためそのまま踏切内に進入。慌てて急停止し、後退しようとしたが、ギアがニュートラル状態であったため、回避できずに電車と衝突、車の前部が破損した。

 通常、警報機が鳴り、遮断機も降りている状況で踏切に進入することはまずあり得ない。だが、考えごとをしていて注意散漫の状態だったとしたら、気がつかなかったとしても不思議ではない。

<事故原因・防止策>
 この事故の原因として考えられるのは「漫然運転」だ。タクシーの場合、乗車率や走行距離によって売り上げが変動するので、この運転手には「より多くの客を乗せなければ」という焦りがあったことも考えられる。冷静な判断ができていれば、十分回避可能だった。また、踏切での一時停止といった法令遵守を徹底することも、再発防止には有効だ。

 今回の事故で、自車の破損だけで済んだのは不幸中の幸い。タイミングが悪ければ、取り返しのつかない結果と高額賠償になっていたかもしれない。とはいえ、自車の修理は必要になったはずだ。このとき適用される車両保険は、加入すれば保険料は高くなるが、タイプを選んだり免責を設定することで抑えることは可能なので、万が一に備えて検討してみるといいだろう。

参照:国土交通省 関東運輸局HP

>> 車両保険を選ぶならチェック! 「自動車保険」満足度ランキング

>> “車・バイク”初心者は要確認! 強制加入「自賠責保険」の基礎を解説


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。