「自賠責保険」と何が違う? 抑えておきたい「任意保険」の特徴

ドライバーが加入すべき「任意保険」。どのような仕組みで、何を補償してくれるのか?  [拡大する]

ドライバーが加入すべき「任意保険」。どのような仕組みで、何を補償してくれるのか? 

 自動車保険には、強制加入となる「自賠責保険」と自由に加入を決められる「任意保険」がある。ただし、自賠責保険の補償は「死亡時3000万円、後遺障害時4000万円」と、非常に限定的。車を運転するドライバーにとって、任意保険への加入は必須といえるのだ。では、任意保険はどのような仕組みで、何を補償してくれるのだろうか? 初心者にもわかりやすく解説していこう。
 
■自賠責保険との違い

 自賠責保険は国が定めた制度だが、加入窓口は保険会社と共済から選ぶことが可能だ。車種や契約年数といった項目が同一の場合、どこで加入しても補償内容、保険金、保険料など、全てに変わりはない。だが、任意保険は会社ごとに補償範囲、保険金が微妙に異なる。「A社では補償される内容が、B社には含まれない……」という事態もあり得るのだ。

 また、任意保険では、契約する側が細かく内容を設定することもできる。例えば、「車両保険は300万円」「280万円」「なし」というように、保険種目によって範囲を指定できるのだ。さらに、「ほかにも補償を付帯するかどうか」「保険金をいくらにするか」など、選択できる部分の多さが自賠責保険と大きく異なる点だ。それに伴い、支払う保険料が異なってくるところもポイントといえる。

■任意保険の補償の中身

 自賠責保険の補償範囲は、「事故の被害者の身体」に限定されている。では、任意保険では何が補償されるのか? その中身を確認しよう。

・対人賠償保険――事故相手の身体の損害に対して補償

・対物賠償保険――事故相手の車や家屋など財産に対して補償

・搭乗者傷害保険――運転手を含む、車に同乗している人を補償

・自損事故保険――単独事故で、運転手や同乗者が身体に損害を被った場合に補償

・無保険車傷害保険――自分が被害者で、事故相手が当て逃げ、保険未加入、無免許などの場合に補償

・人身傷害補償保険――契約者、その家族、契約車両の搭乗者を補償。タイプによっては歩行中や自転車、他の車に搭乗中の損害も補償

・車両保険――契約車両を補償。事故のほか、盗難、いたずら、自然災害(地震等を除く)による破損も補償

■中身をきちんと確認してから加入を!

 保険会社によっては「自損事故保険はなし」「無保険車傷害は人身傷害補償でカバーする」といった会社もある。保険選びの際には、中身の確認が重要だ。

 一方で、上述の通り加入する・しないを選択できる保険種目もある。一般的に知られているのは「車両保険」だが、「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「人身傷害補償保険」なども、保険会社によっては選択の余地がある。

 「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「人身傷害保険」「車両保険」の4つに関しては、保険金を金額変更することも可能。これらは、車両の時価や車をどう使うかなどを考慮して決定していく。また、特約についても都度判断する必要があるだろう。

 任意保険は、保険会社が用意したパッケージのまま加入するのではなく、自分で判断するか、担当者に相談しながら中身を決めることが大切だ。

(文/西村有樹)

>> 「任意保険」加入前に確認! 満足度の高い【自動車保険】ランキング

>> 「自動車保険」と「自動車共済」の違いは? メリット&デメリットも紹介


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。