“ハザード点灯”のまま運転し事故に… 過去の事例を紹介

周囲に存在を知らせるための「ハザードランプ」。正しく点灯させないと事故の原因となるため注意! [拡大する]

周囲に存在を知らせるための「ハザードランプ」。正しく点灯させないと事故の原因となるため注意!

 車のハザードランプは、正式名称を「非常点滅表示灯」といい、路上駐車時などに周囲に存在を知らせるためのもの。このハザードランプを正確な合図に切り替えず、簡単に後方確認をしただけで発進するドライバーは少なくない。ハザードランプを消し、方向指示器を正しく点滅させてから進まないと、周囲が勘違いして事故が起きる可能性がある。実際に起きた事例を紹介しよう。

<事故内容>
 タクシー運転手が道路脇で乗客を乗せ、ハザードランプを点灯させたまま発進。後ろから原動機付自転車が来るのを認識していたが、譲ってくれるものと思い、そのまま転回したところ、衝突。合計2人が重軽傷を負った。

<事故原因>
 この事故の原因として考えられることは2つある。1つは、タクシー運転手が原付との距離の判断を見誤ったこと。車は転回をする際、想定以上にスピードが遅くなる。その間に後続車は近づいてくるのだ。

 もう1つは、タクシー運転手が後方へ送る合図を間違えたことだ。そのため、原付は判断がつかなかった。もし正しい指示をしていれば、速度を緩めたり、停止するといった対応をしてくれただろう。

 このような事故を再発させないためには、まず後続車との間に十分な距離があるかどうかを確かめてから発進することが大切。合わせて、前方など周囲の確認も忘れないようにしたい。次に、ハザードランプを消して、正しい指示を出すことだ。

 このタクシー運転手は、原付の存在を認識していたにもかかわらず、合図を間違えたために事故を起こしてしまった。後続車側からすれば、どういう動きをするのかわからない。同じような事故を起こさないためにも、発進時や転回時には十分注意しよう。

参照:国土交通省 関東運輸局HP

>> ドライバー3万2835人が選んだ【自動車保険】1位は…?<ランキング>

>> 運転時の確認不足で子どもが死亡… 母親も重傷を負った悲惨な事故事例


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。