保険金が支払われないケースも!? 「搭乗者傷害保険」3つの特徴

運転手や同乗者がケガをした場合に適用される「搭乗者傷害保険」。万が一に備えて特徴を抑えておこう [拡大する]

運転手や同乗者がケガをした場合に適用される「搭乗者傷害保険」。万が一に備えて特徴を抑えておこう

 交通事故で自分がケガをしたとき、補償してくれる任意自動車保険は「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」の4つ(関連記事を参照)。そのうちのひとつ「搭乗者傷害保険」は、自賠責保険では保険金が出ない“運転手”や“同乗者”のケガに対して支払われる。そのほかの特徴もチェックしていこう。
 
(1)相手の有無に関係なく補償する

 運転手や同乗者、運行供用者が事故でケガをしても、上述の通り自賠責保険では保険金が支払われない。この運行供用者とは、「自己のために自動車を運行の用に供する者」 を指す。例えば、夫が最寄駅まで妻の運転する車で送ってもらうケースでは、夫が運行供用者となる。このような場合に交通事故でケガをしたら、搭乗者傷害保険からは保険金が支払われる。

 また、相手の有無に関わらず保険金が支払われる点も特徴のひとつ。車同士の事故、単独事故、過失割合が100%の事故でも支払いが受けられる。保険会社によっては、乗降時にドアで指を挟んだり、車内を歩けるワンボックスタイプの車で転んでケガをしたといった場合も支払われる。

(2)保険金が支払われないケースもある

 搭乗者傷害保険では、保険金が支払われないケースもある。以下をチェックしてほしい。

・無免許、酒気帯び、麻薬などを使用して運転していた場合
・故意または重大な過失によって生じた傷害
・定員オーバーで乗車していた場合
・車外に身体の半分を出していたなど、座席に座らず、シートベルトなどを着用していなかった場合
・座席ではない荷台などに乗車していた場合
・地震、噴火、津波によって生じた傷害

 もちろん、通常の運転で発生した事故には問題なく支払われることになる。ちなみに自然災害のなかでも、台風、洪水、高潮などに巻き込まれた場合は支払われる。

(3)部位・症状別に保険金額が決まっている

 搭乗者傷害保険の保険金額は、「部位・症状別」に細かく分類されている。一例を挙げると、上肢部(手指を含む)の場合、骨折または脱臼で15万円、打撲、擦過傷、挫傷、捻挫などで5万円といった具合。

 また、これとは別に「一時金払い」とする保険会社もある。例えば、5日以上の入院通院で一律10万円、5日未満の入院通院で一律1万円といった形だ。

 死亡時、後遺障害時には、あらかじめ設定していた保険金が支払われる。

 なお、搭乗者傷害保険を使った事故は「ノーカウント事故」となり、ほかに保険を使っていなければ翌年は通常通り1等級アップする。保険料への影響はないので、搭乗中にケガをしたら保険会社に相談してみてはどうだろうか。

(文/西村有樹)

>> 【総合ランキング】最もドライバー満足度の高い「自動車保険」1位は……?

>> 【関連記事】自分のケガを補償する! 知っておきたい「4つの自動車保険」


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。