4代目プリウス、BMWも! 世界に誇る「日本人カーデザイナー」の技術

先進的なデザインが話題を呼んでいる「4代目プリウス」 [拡大する]

先進的なデザインが話題を呼んでいる「4代目プリウス」

 日本では今年の東京モーターショーでお披露目され、12月の発売を予定している「4代目プリウス」。何よりも話題となったのは、そのデザインだ。特に、フロントマスクの挑戦的なフォルムは、アクの強さゆえ賛否両論の声が聞かれる。だが、実は空力や乗り心地、運転のしやすさなどを踏まえた緻密な計算の上に成り立っている。カーデザイナーの英知が詰まっているのだ。

 元来、こうした工業デザインは日本人の得意分野。4代目プリウスのデザインは児玉修氏が担当しており、そのほか世界的な自動車メーカーで活躍する日本人デザイナーも少なくない。

 例えば、車好き以外にもその名を広く知られている奥山清行氏。同氏は、米ゼネラル・モーターズ、独ポルシェ、伊フェラーリなど、世界に名だたる名車のデザインを手掛けてきた。特にフェラーリ社の創業55周年を記念した限定モデル「エンツォフェラーリ」を手掛けた際は、「イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした男」として大きな話題を呼んだ。

 日本にも愛好家が多い独BMWのカーデザインを手掛けているのも日本人だ。1988年から同社に在籍する永島譲二氏は、「Z3」「5シリーズ」「3シリーズ」などを手掛け、現在もデザイン部門エクステリア・クリエイティブディレクターとして、同社のデザイナーたちを指揮している。

 また、2007年ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100人」や日経ビジネス「THE100―2014日本の主役」など度々取り上げられているのが、和田智氏。日産自動車からアウディ社に移籍し、同社のエキスパートシニアデザイナー兼クリエイティブマネージャーを務めた。アウディのシンボルでもあるシングルフレームグリルや「世界でもっとも美しいクーペ」と評された「A5」も和田氏の仕事である。現在は同社を離れており、デザインスタジオ「SWdesign 」を設立した。

 ほかにも、日本人で初めて伊アルファロメオのデザインを手がけた小田桐亨氏、独オペルで40年間もカーデザイナーを務めた児玉英雄氏など、世界の第一線で活躍する日本人は多い。

 誰もが知る世界的名車。その多くを日本人が手がけているというのは、とても誇らしい。

>> 新車購入の前に! “商品内容の充実度”で人気の【自動車保険】ランキング

>> ベンツ、BMWが意外とお手頃!? 高級外車の「エントリーモデル」はいくら?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積・比較はこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。