「人身傷害補償保険」のメリット丸わかり! 家族がいる人こそお役立ち

車に乗る人のケガの損害をカバーする人身傷害補償保険。その大きなメリットを解説 [拡大する]

車に乗る人のケガの損害をカバーする人身傷害補償保険。その大きなメリットを解説

 交通事故が起き、示談交渉が長引くと、保険金はなかなか受け取れない。裁判になって長期化する場合も同様だ。このようなケースで役立つのは、自動車保険の「人身傷害補償」。これは、車に乗っている人のケガの損害をカバーする保険だ。メリットを詳しく解説していこう。
 
■示談交渉を待たずに保険金が支払われる

 人身傷害補償保険の最大のメリットは「損失額が確定したら、示談交渉の完了を待たずに保険金を受け取れる」という点だ。

 示談交渉が長引くケースは珍しくない。例えば、人身傷害補償に加入していないまま車同士の事故に遭い、治療入院費や休業補償など自分の損害額が500万円に及んだとする。過失割合が50:50なら、250万円を相手が対人賠償で負担、残り250万円は自腹(治療費は搭乗者傷害保険)などで補償することになるが、この額は示談交渉が決着しないと決定しないため、直近の治療費や生活費などで困るケースもある。

 だが、人身傷害補償保険に加入していれば、自分の損害額が決まり次第、保険金が支払われる。ただし、保険金額が少なければ大きな損害時には足りなくなってしまう。この点を考慮して加入することが大切だ。

■家族が多いほどメリットがある

 人身傷害補償保険には、基本的なタイプと“補償充実”といえるタイプがある。

 基本タイプは、契約車両に搭乗している人のみ補償する。契約している車に乗っている人なら、家族、他人を問わず誰でも補償可だ。

 補償充実タイプは、契約車両以外の事故によるケガも補償する。例えば、記名被保険者と同居の親族が、一時的に他の車両を運転、またはミニバイクや自転車に乗っていた場合、歩行中、バス、タクシーなどに乗車中も対象になる。

 このタイプは、「契約車両以外補償」「車外補償」など保険会社により呼び方は異なる。加入すれば保険料は高くなるものの、かなり補償の幅が広くなり、普段の生活の味方になる。さらに、基本的に「同居親族なら誰でもカバーされる」という点が大きなメリットだ。家族が2人でも10人でも保険料に変わりはない。幼い子どもやお年寄りと同居しているなら、補償充実タイプがおすすめだ。

(文/西村有樹)

>> 最新ランキング! ドライバーが選ぶ満足度の高い「自動車保険」1位は…?

>> <関連記事>自分側の過失が100%でも使える! “人身傷害補償保険”の基礎


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。