単独事故で使える! 知っておきたい「自損事故保険」の仕組み

単独事故の際に役立つ「自損事故保険」の仕組みをおさえておこう [拡大する]

単独事故の際に役立つ「自損事故保険」の仕組みをおさえておこう

 交通事故は、必ずしも相手がいるとは限らない。車同士の事故であれば、相手の保険から賠償金を受け取ることもできるが、単独事故の場合は「自損事故保険」が役に立つ。その仕組みを詳しく解説しよう。

■対人賠償保険の加入時に自動付帯される

 単独事故とは、「わき見運転でガードレールに接触」「誤ってアクセルを踏み込み過ぎて建物に衝突」など。このように相手がいない事故で役立つのが自損事故保険だ。契約していれば、ドライバーはもちろん、同乗していた人も補償を受けることができる。

 自動車保険の対人賠償保険に加入すれば、自損事故保険は自動的に付帯される。契約者が加入するか否かを決められるものではなく、保険金額も以下のように決められており、自由に変更することはできない。

【自損事故保険の保険金額(1名につき)】
・死亡時 1500万円
・後遺障害時 50万円〜2000万円
・医療保険金 入院1日:6000円 通院1日:4000円(入通院合わせ100万円限度)
・介護費用 200万円(所定の重度後遺障害時)

 受け取れる保険金は、ほかの保険種目と比較すれば、最低限のものとなっている。とはいえ、当面の治療費や生活費をまかなう上では必須といえる保険だ。
 
■自損事故保険の補償をカバーできる保険もある

 通販型など、一部の保険会社では、「人身傷害補償保険を付帯している契約では、自損事故保険を付帯しない」という内容の保険も出てきた。

 これは、人身傷害補償保険で自損事故保険の補償をカバーできるため、付帯しないとするものだ。保険料を下げる目的なら、有効な契約の仕方となる。ただし、補償を充実させたい場合には両方をカバーできるプランに加入しておくべきだろう。

 なお、酒酔い運転のように運転手に重過失がある場合や無免許運転、故意による事故では保険金の支払い対象とならない。基本的な交通ルールにのっとり、突発的な過失に対して支払われるものであることを頭に入れておこう。

※掲載されている保険金額は、一般的な保険会社の場合

(文/西村有樹)

>> ■自動車保険の加入前に確認! <補償内容の充実度>ランキング

>> 自動車保険の基礎 「対人・対物賠償」の幅広い“補償範囲”


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。