【自動車保険】今さら聞けない「自賠責保険」と「任意保険」の違いとは?

【図1】主な任意保険の補償内容 [拡大する]

【図1】主な任意保険の補償内容

 「自動車保険」とひと言でいっても、強制加入の「自賠責保険」と自分の意志で加入する「任意保険」の2種類がある。いったい何が違うのか? 事故が起きたときに安心して対応できるようにするためにも、しっかり違いをおさえておこう。

■「自賠責保険」は人身事故のみ補償

 自賠責保険は、すべての車に加入が義務付けられている強制保険だ。目的は「被害者の救済」。そのため、事故相手がケガを負ったり、死亡したといった人身事故のみを補償する。例えば、車を運転していて事故を起こし、歩行者にケガをさせてしまった場合に、相手への損害賠償として保険金が支払われるというわけだ。ただし、補償される金額は以下のように限定されている。

【自賠責保険の補償限度額】
●死亡:3000万円
●ケガ:120万円
●後遺障害
・神経系統、精神、胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合は、常時介護で4000万円、随時介護で3000万円
・上記以外の後遺障害は、75万円〜3000万円

 自賠責保険は、あくまでも「人」への補償である。つまり、運転中に誤って他人の家の塀にぶつかったといった「物」に関する損害は補償されない。自賠責保険に入っていれば安心、というわけにはいかないだろう。

■「任意保険」は自賠責の足りない分をカバー

 自動車事故を起こし、自賠責保険の補償限度額を超えた賠償責任が生じてしまった場合は、自身で負担することになる。また、前述した通り、車などの「物」や自分側の同乗者のケガ・死亡は補償されない。そういった自賠責でカバーしきれない部分について、任意保険に加入することで補償を準備することができるのだ。種類もさまざまなので、【図1】を参考にしてほしい。

 自賠責保険は、どの損害保険会社を通じて加入しても保険料や補償内容に違いはない。だが、任意保険は保険会社ごとに保険料や補償内容、付帯されるサービスが異なる。任意保険を選ぶ際は、保険料だけでなく、自分がどこまでの補償を必要とするのかも合わせて検討してから加入することが重要だ。

<記事/江原さとみ>
ファイナンシャル・プランナー、FPオフィスなでしこ代表(http://www.fp-nadesiko.com/)。システムエンジニアとして働きながらFP資格を取得。その後の証券会社や生・損保代理店での勤務経験を活かし、セミナーや執筆、個人相談など積極的に活動している。「お金の話を身近に、わかりやすく」がモットー。

>> ドライバーの満足度を知る! オリコン自動車保険ランキング<ベスト10>

>> 【自動車保険】更新時に見直す3つのメリット 見積もりだけでもトクをする!


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。