【自動車保険】更新前に比較するなら! 知っておきたい「見積もり」の注意点

自動車保険の更新前に知っておきたい、見積もり時の注意点とは? [拡大する]

自動車保険の更新前に知っておきたい、見積もり時の注意点とは?

 CMなどを見て、特定の自動車保険に興味をもった場合、ほとんどの保険会社はWebサイト上で見積もりをとることが可能なので、試算してみれば、すぐに保険料を確認することができる。これはダイレクト型に限った話ではなく、代理店型のなかにも試算でおおよその目安を確認できる会社もある。このように個別に見積もりをとることは非常に有効で、単に毎年更新を繰り返すドライバーより格段にトクできる可能性が高い。

■見積もりを複数とるなら条件はそろえる

 1社の見積もりをとれば、「ほかの会社はどうだろう?」と気になるもの。その際、最も注意すべき点は「条件をそろえる」ということだ。特に、人身傷害保険、車両保険、対物賠償保険などの「保険金額」や「補償内容」。例えば、車両保険がA社300万円、B社250万円だとしたら、2社の間に保険料の差が生じるのは当然だ。複数見積もりをとるなら、できるだけ同一条件にしよう。

 ちなみに、一見同じ名称の自動車保険でも、保険会社によって中身が異なるケースは珍しくない。保険を熟知していなければ、細かな違いまで把握するのは至難の業といえる。まだ理解が深くないのであれば、あらゆる目線で自動車保険を比較していたり、一括で見積もりをとれるサイトを活用するのも手だ。Web検索で「自動車保険 見積もり 比較」などと入力すれば、複数のサイトがヒットするので、試してみるといいだろう。

■5つの書類を用意しておく

 見積もりをとる際は、以下の書類を用意しておくとスムーズに進む。

(1)現在の自動車保険証券
(2)更新案内
(3)記名被保険者(主な運転者)の免許証
(4)他の運転者の情報(生年月日など)
(5)車検証

 上記書類を手元に用意したら、サイトの手順に合わせて入力していけば良い。基本的には、現在の自動車保険証券か更新案内の内容で入力していくのが有効だ。なお、車両保険は毎年減価償却されるので、更新案内の保険金額で統一すると良いだろう。これにより、同一条件で複数の見積もりをとることが可能となる。

 なお、一括見積もりサイトでは、更新案内の条件で入力したとしても、保険会社によっては該当する補償がないこともあり、その場合は注意書きが記載されている。また、入力が終わると即座に保険料を教えてくれるサイトと後日郵送にて送られるサイト、メールで個別に知らせるサイトがあることは頭に入れておこう。

(文/西村有樹)

>> 見積もり前にチェック! 【自動車保険】ドライバーの満足度ランキング

>> 事故で頼れる「自動車保険」をFPが指南 自分を守る保険は何?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。