【自動車保険】見積もりが重要な「3つの理由」 保険料大幅削減も!?

自動車保険の“見積もり”はなぜ重要? 利用前に確認しておこう [拡大する]

自動車保険の“見積もり”はなぜ重要? 利用前に確認しておこう

 自動車保険は基本的に1年更新で、毎年、満期がやってくる。その際「面倒だから」と、機械的に更新してしまっていないだろうか? 等級などの条件が同一なら、どこの会社でも大差なく思えるが、実際に見積もりをとってみると保険料を格段におさえられることもある。それはなぜか? 詳しく解説していこう。

■保険会社が料率を改定している可能性がある

 1つめの理由としては「保険会社側の料率改定」が挙げられる。自動車保険は、保険会社が各々自由に計算式を用いて保険料を算出している。そのため、例えば昨年はA社が安く、B社は高かったとしても、今年も引き続きA社のほうが安いとは限らない。

 保険会社は、膨大なデータを基に事故リスクを導き出し、それに応じた料率(計算式)を取り入れている。一例として、「38歳男性」というグループでリスクをみるとしよう。過去1年間、A社で契約している「38歳男性」は事故が多かったが、B社で契約している「38歳男性」は事故がほぼなかった場合、B社では該当グループはリスクが少ないとされ、保険料が安くなる計算式が用いられる。

 このように、ドライバーや車種、地域、等級の料率は日々見直されるため、昨年保険料が高かった保険会社でも、今年安くなるということは十分にありえるのだ。

■年齢や走行距離などの変化は保険料に影響する

 見積もりをとるべき2つめの理由は、「時間経過による変化」があるため。1年の契約期間が経過すれば、ドライバーも年をとる。このような変化は、自動車保険では大きな影響をもたらすのだ。例えば昨年39歳、次年契約時は40歳というケース。40歳以上を優遇するという保険会社に乗り換えると、保険料はかなり安くなるだろう。

 また、走行距離や使用目的、車価などの変化も顕著に反映される。「走行距離が5000キロから3000キロになった」「使用目的が通勤通学から日常使用になった」「車両保険価格が年数の経過で昨年より20万円減った」、一つひとつが保険料に影響してくるので見逃せない。

 もちろん、同じ保険会社でも安くなる要因があれば変化するが、どこを重視して安くするかは保険会社次第。見積もりをとって比べてみるのが手っ取り早い。

■家族の状況によって安くなるケースもある

 申告すべきなのに見落としがちなのが「家族の状況」だ。例えば、「75歳の家族が免許を返納したので、もう運転しない」「同居していた28歳の息子が結婚して別居した」といった変化については、申告しない限り保険料に反映されることはない。契約中の保険会社はもちろん、条件が変われば、昨年保険料が高かった会社でも安くなる可能性は十分にある。

 1年に1度、最新の状況を確認する意味でも、見積もりは有意義といえる。満期が近づいたタイミングで、複数の会社で見積もりをとることをおすすめしたい。

(文/西村有樹)

>> 見積もり前に確認! ドライバーが選ぶ<自動車保険>満足度ランキング

>> <あわせて読みたい>年齢別に見る【自動車保険料】 最も安いのは何歳か?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。