【自動車保険】普通に解約すると損!? 車を手放す際の便利な手続き術!

車を手放す場合、“自動車保険”はどう手続きしたらいい? [拡大する]

車を手放す場合、“自動車保険”はどう手続きしたらいい?

 事故によって廃車になってしまったとき、あるいは海外転勤で必要なくなってしまったときなど、使用している車を手放すきっかけはさまざま。タイミングはいつ訪れるかわからないので、あらかじめ“加入していた自動車保険はどのように扱ったらいいのか”を知っておくべきだろう。

 もし「解約すればいい」と考えているのなら、将来的に損をしてしまう可能性がある。車を手放す際の自動車保険の扱いには選択肢があるので紹介していこう。

■手続きの必要性を考えよう

 なんらかの事情で車を手放すとなったとき、やるべきこととして“加入している自動車保険の解約”が頭に浮かぶ人は多いはず。だが、何も考えずに解約してしまうのは少々もったいない。

 手放すのは一時だけで、将来的に再び車に乗る可能性がある場合、もしくは廃車後すぐ新しい車に乗る予定がある場合は、きちんと手続きを踏むことで今の保険の内容や等級をそのまま引き継ぐことができるのだ。

■引き継ぐための手続きは?

 車を手放すからといって、自動車保険をすぐに解約してしまうと、それまで高い等級を維持してきたとしても白紙になってしまう。たとえ同じ保険会社で同じ内容の保険に加入し直したとしても同様だ。

 もし、廃車後すぐ新しい車に乗る予定があったり、違う車に乗り換えるようであれば、「車両入替申請」をおすすめする。これは、保険の対象となる車を変更する手続きのこと。この手続きを行えば、保険内容や等級は新しい車にそのまま適用される。しばらく車に乗る予定はないが、将来的に乗る可能性がある場合は、「中断証明」の手続きを行えば、再契約時に以前の保険内容や等級をそのまま適用することができる。

 なかには、車を手放す際に自動車保険について失念する人もいる。自ら保険会社に連絡を入れなければ、保険料を支払うことになってしまうため、特に年払いをしている人などは注意が必要だ。

文/ロックスター

>> 乗り換え前にチェックしたい 「自動車保険」満足度ランキング

>> 【自動車保険】乗り換え時の“見積もり”こそ重要! 比較のためのポイント3つ


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。