北海道新幹線が開業! 今こそ行きたい「春の函館ドライブスポット」5選

春ドライブにおすすめ! 夜景の美しさが有名な「函館山」 [拡大する]

春ドライブにおすすめ! 夜景の美しさが有名な「函館山」

 ついに「北海道新幹線」が開業した。陸路を使い、約4時間で東京と新函館北斗間の行き来が可能になった。首都圏在住者にとっては、北海道がより身近になったため、函館を拠点にした旅を計画している人も多いのではないだろうか? そこで今回は、終点の新函館北斗駅からレンタカーで巡る、春のおすすめドライブスポットを紹介しよう。

(1)函館山ロープウェイ(函館市元町)

 山麓(さんろく)まで車で行き、ロープウェイに乗ること約3分で山頂に到達。四季折々に表情を変える眺望は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星の評価を得ている。なかでも夜景の美しさは有名で、函館湾・津軽海峡のシルエットと瞬く光が共演する光景が感動を誘う。新函館北斗駅から山麓までは車で約30分。

(2)五稜郭公園(函館市五稜郭町)

 函館市のほぼ中央にある「五稜郭」は、江戸時代末期に建造された歴史ある城郭だ。春は桜の名所としても知られ、星型の土塁に植えられた約1600本のソメイヨシノが咲き誇る。五稜郭タワーの展望台からは、星形のシルエットと満開の桜を一望でき、春ならではの華やかでダイナミックな光景が広がる。新函館北斗駅からは車で約30分。

(3)大沼国定公園(亀田郡七飯町)

 総面積約9000ヘクタールの広大な土地に広がる自然豊かな公園。園内には大自然を肌で感じられるサイクリングやカヌー、乗馬といった様々なアクティビティも充実している。新函館北斗駅からは車で約20分。

(4)オニウシ公園(茅部郡森町)

 「オニウシ」とは、アイヌ語で「樹木がたくさんある所」の意。タコの形をした滑り台などユニークな遊具施設や芝生の広場がある広大な都市型公園で、春には500本の桜の木が咲き誇る。対岸の室蘭や羊蹄山の絶景を望む、展望台からの景色も必見だ。新函館北斗駅からは車で約30分。

(5)水無海浜温泉(函館市恵山岬町)

 渡島半島の東南端「恵山岬」の海岸に湧く無料の温泉。目の前に広がる海を眺めながら、温泉に浸かることができる。お湯の深さが潮の満ち引きで変化するため、入浴可能な時間は異なるという、まさに天然の露天風呂だ。男女別に更衣室は用意されているが、混浴なので必要であれば水着の持参をおすすめしたい。新函館北斗駅からは車で約1時間25分。

 いずれのスポットもスケールが大きく、ダイナミックな絶景が楽しめる。北海道ならではの魅力を堪能しに、出かけてみてはいかがだろうか?

>> 万が一に備えて… 30代〜50代が選ぶ【自動車保険】満足度ランキング

>> 都心から1時間以内で行ける! おすすめ「夜景ドライブスポット」5選


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。