「運転中の地震」にも備えを! 役立つ“車載用キット”の中身は…?

運転中に災害が起きた場合に役立つ「ヤナセ帰宅支援キット」 [拡大する]

運転中に災害が起きた場合に役立つ「ヤナセ帰宅支援キット」

 先月14日に発生した熊本地震は、九州地方に多大な被害をもたらした。改めて日頃の備えの大切さを実感した人も多いことだろう。なかでも防災グッズは、いざというときに身を守ってくれる大切なツール。「家に常備している」「持ち歩いている」というケースはあるが、“車内”は意外と見落としがちだ。

 自宅から離れた場所で、車に乗っている際に被災したときのことを考えると、車内の備えも万全にしておきたいもの。そうした不安を払しょくするべく、車の販売会社やメーカーからは車載用の防災セットが販売されている。

 例えば、メルセデス・ベンツなどの輸入車を販売するヤナセ社は、車内に備えておきたいアイテムをまとめた「ヤナセ帰宅支援キット」を今月7日に発売。車を置いた状態で、徒歩帰宅または近隣の避難所へ行くまでの距離を30キロと想定し、時間にして24時間以内の避難をサポートするアイテム全18種類を車載用に厳選している。

 具体的には、折りたたみヘルメットやヘッドライト、救助笛。これらのベースとなるアイテムのほか、車を置いて避難する際に連絡先を記入してダッシュボードに置くことができる「連絡先カード」、車からどうやって帰宅するかを想定して作ったオリジナルの「帰宅支援マニュアル」、長距離を歩くことになった場合に足を保護する「マメ・靴ずれ保護パッド」など、被災したときに役立つグッズが「収納用バックパック」に詰められている。ちなみに、このバックパックの中は、車の温度上昇および低下による影響を最小限にするため、アルミ断熱材を使用するなどこだわっている。

 トヨタ自動車から販売されている「トヨタ純正 車載防災セット」も、車を離れて自宅や避難所へ徒歩移動するケースを想定。寒さ対策にもなる反射板付きのレインコートや手回し充電ラジオライトなど11種類が、ズレを防止するマジックテープ付きのリュックケースにまとめられている。

 遠くまでドライブをしていたとき、また土砂災害や道路の通行止めにより車を置いていかなくてはいけなくなったときなど、乗車時に災害に遭遇すると頼れる人や使えるツールの乏しさに気付くもの。自助努力で生き残るためにも、車内こそぬかりなく万全な備えを心掛けておきたいところだ。

(オオノ・ヨーコ)

>> 知っておきたい“サポートサービスの満足度” 選ばれた【自動車保険】を発表!

>> 事故で自動車保険料はどう変わる? 大きく影響するのは“等級”!


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。