“夏ドライブ”の前に必見! 「車内温度」を最も早く下げる方法

車内温度を最も早く下げる方法とは? JAFが行った実験結果をもとに紹介 [拡大する]

車内温度を最も早く下げる方法とは? JAFが行った実験結果をもとに紹介

 今年の夏も各地で猛暑が続いている。ドライブをする際は、車内温度の上昇によるトラブルに気をつけなければならない。窓を締め切った状態にしておくと、55度を超える高温になることもあり、過去には暑さから冷却スプレーを吹きかけた後、換気せずタバコに火をつけたら引火してやけどしたという事故も発生しているのだ。

 「車内を冷やすには、まずエアコンをつければいい」と思いがちだが、高温になった車内でエアコンを使用しても、最初は温風が出るため、温度が下がるまでには時間がかかるだろう。では、いったいどうすればいいのか? 今回は、JAFが行った実験結果をもとに「車内温度を最も早く下げる方法」を紹介しよう。

■効果が大きいのは「窓を全開にして外気を導入しながら走行」

 JAFが行った実験の内容は、同じ車を5台用意し、車内温度が55度になったタイミングで(1)ドア開閉 (2)冷却スプレーをシートに10秒吹きかける (3)エアコンで外気導入 (4)エアコンで内気循環 (5)窓を全開にし、エアコンで外気導入しながら走行、という5つの方法を試し、温度変化を測定するもの。

 その結果、最も早く温度を下げることができたのは(5)だった。その上で、JAFは「熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが効率的」としている。

 ちなみに、車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードに熱が蓄積しているケースもあるので、「サンシェードを置いておく」「窓にカーテンをしておく」といった対策も重要だ。シートを冷やすには冷却スプレーが効果的だが、使用する際は必ず換気をすること。また、スプレーは直射日光の当たらない場所で保管し、破裂しないようにするなど配慮が必要だ。

 車内温度の上昇は、重大な事故が起こるきっかけになり得る。今回紹介した方法や注意点を頭に入れて、安全で快適なドライブを楽しんでもらいたい。

文/ロックスター 西田

>>30代〜50代以上の満足度が高い自動車保険は? ランキングをチェック

>>夏の「運転焼け」には要注意! 有害な紫外線をカットする“対策”を紹介


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積・比較はこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。