「チャイルドシート」使用義務免除の“8つのケース”って? ルールを改めておさらい

チャイルドシートの使用義務が免除されるのはどんなとき? 8つのケースを紹介 [拡大する]

チャイルドシートの使用義務が免除されるのはどんなとき? 8つのケースを紹介

 車を運転していると、後部座席で飛び跳ねて遊んでいたり、助手席との間を動き回る幼児の姿がときどき見られる。また、赤ちゃんを抱いたまま運転している親の姿を見かけることもある。「近距離だから」などと考えているのかもしれないが、6歳未満のチャイルドシート使用は義務だ。これは幼児の安全性を確保するためで、怠った場合は「幼児用補助装置使用義務違反」となり、違反点数が1点加算される。

 だが、なかには使用義務が免除されるケースもある。具体的には以下の通りだ。

(1)座席の構造上、チャイルドシートを固定させられないとき
(2)病気やケガなどをしていて、使用が療養上または健康保持上適当ではないとき
(3)肥満など身体の状態により適切に使用できないとき
(4)応急救護のために、医療機関などへ緊急に搬送する必要がある幼児を乗せるとき
(5)すべての幼児に使用すると定員まで乗車できなくなるとき
(6)使用したままでは、授乳やおむつ交換といった日常生活上の世話ができないとき
(7)タクシーやバスなどの運転者が当該事業の客として幼児を乗せるとき
(8)市町村が許可を得て運行する“過疎バス”の運転者が、当該運送のため幼児を乗せるとき

 ただし、これらに該当する場合でも、代わりにジュニアシートやシートベルトの着用を検討したり、授乳などは車を停止させて行うといった配慮は必要だ。

 チャイルドシートは、義務化されたのが2000年と比較的最近で、世代によっては知らない人も少なくない。「子どもが大泣きするから」と、シートからつい降ろしてしまう人もいるだろう。だが、すでに紹介した8つのケースに該当しない場合は、すべて使用する義務がある。大切な子どもの命を守るためにも、6歳未満には必ず着用させよう。

文/ロックスター 西田

>>ドライバー2万6178人が選ぶ 満足度の高い「自動車保険」ランキング

>>保険金が支払われないケースも!? 「搭乗者傷害保険」3つの特徴


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。