60万円の純金スカイラインも… 生誕60周年記念グッズ発売

ネットショップ限定『純金プレート』(税・送料込60万円) [拡大する]

ネットショップ限定『純金プレート』(税・送料込60万円)

 日本郵便は、日産自動車と共同で制作した記念グッズ「スカイライン誕生60周年記念オリジナルグッズコレクション」の販売を今日から開始した。初代スカイラインをあしらった純金プレート(税・送料込み60万円)など、全部で11種類。いずれもコレクションのみの限定品だ。

 同コレクションでは純金プレートのほかに、歴代13車種全てを立体感にこだわって精密に再現したピンバッジセット(同1万8000円)やスカイラインの象徴のひとつである丸形のテールランプをモチーフにした小皿8枚セット(同6000円)、ピストンをイメージしたタンブラーのセット(同1万5000円)も用意。タンブラーセットは、同じくスカイラインの象徴である、直列6気筒エンジン仕様の特製ボックス入りとなる。

 商品企画担当者によると、「日本郵便が、2015年と2016年にミニカーとセットで販売したスカイライン切手が好評だったことがきっかけ」となり、同グッズの販売に至った。切手発売当時は、郵便局に男性の行列ができたり、日産自動車の公式フェイスブックには「懐かしい」という書き込みが相次いだという。

 購入は、全国の郵便局窓口でのカタログ申し込み、またはネットショップのみで、申し込み期間は今日16日(金)から8月31日(木)まで。ネットショップのみ、9月3日(日)まで受け付けている。ネットショップ限定となる、純金プレートと6分の1スケールの郵便局限定エンジンモデル(同12万円)は、生誕60周年に合わせてそれぞれ60個限定。そのほかのグッズは受注生産となる。ピンバッジセットなど一部グッズは、8月末まで東京中央郵便局や横浜駅西口郵便局、及び、横浜にある日産グローバル本社ギャラリーで見ることができる。

>>年代別 ドライバーの支持を集めた“自動車保険”ランキング

>>自動車「サーブ」が70年の歴史に幕! ほかに息の長いブランドカーは?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。