交通事故の罰金(1)物損事故で罰金は発生する?しない?

  • 【画像】高速道路を走る自動車

 駐車違反やスピード違反などをした場合、その度合いに応じて反則金や罰金が科されます。反則金とは、比較的軽微な違反を犯して、警察から「青キップ」と呼ばれる交通反則告知書が切られた場合に収めるものです。反則金を納付すれば、本来なら受けなければならない刑事処分を免除されます。

 罰金とは、悪質・重大な違反に科せられるもので、金額は起訴された後の裁判で決められます。刑事処分のひとつであり、懲役刑などと同様、前科扱いとなります。これら反則金と罰金、実は物損事故では発生しないことが多いようです。

物損事故では反則金・罰金は発生しない! その理由とは

 人的な被害を与えず、器物の損壊やガードレール・壁を壊すといった物損事故を起こしても、基本的には反則金および罰金が発生することはありません。物損事故は事故として記録は残るものの、刑事処分や行政処分の対象とはならないためです。

反則金も罰金もない物損事故…発生するのは「損害賠償」

 物損事故を起こしても反則金や罰金は発生しませんが、壊したものの修理費用といった損害は賠償しなければなりません。

 例えば、路肩にすでに停まっていた車の前に停車を試みたときや、赤信号で止まっている車と接触して損傷を与えてしまった場合、相手に過失がなければ修理費用を支払わなければなりませんし、相手の車が事業用だったら修理期間中に仕事で使うレンタカー代も支払わなければなりません。ちなみに、ガードレールや信号機などは高額な器物であるため、損傷を与えると修理費用として500万円以上請求される場合もあります。

 反則金や罰金は科されませんが、事故の度合いや壊してしまった器物によっては、損害賠償の金額が大きくなることのある物損事故。物損事故の損害賠償は、強制保険である自賠責保険の対象ではありませんので、もしものときのために物損事故も人身事故もカバーしてくれる任意保険に加入しておくと安心ですね。

※罰金の発生の有無や金額などは事故内容によって異なるため、必ずしも上記の通りではありません。ケースごとにしっかり確認してください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について