事故の内容によって自動車保険の等級への影響が違う?

  • 【画像】自動車保険 等級

 自動車保険は、事故が起こった際に、他人への賠償や自己の損害の補填のために使われるものです。各保険会社では、「被保険者の年齢」や「免許証の色」によって保険料に差を付けていますが、一度も事故を起こさず、保険金の支払いを受けたことがない人と、ひんぱんに事故を起こして、そのたびに保険金の支払いを受ける人とが同じ保険料では公平とはいえません。そこで「等級」という制度が導入され、事故を起こして保険を使うとこの等級が下がり、翌年の保険料が上がるしくみになっています。

 しかし、事故の内容によって、等級の下がり方には違いがあります。ここでは、自動車保険の等級制度と、事故と等級の関係についてご紹介します。

そもそも「等級」とは何か?

 「等級制度」は、正確には「ノンフリート等級別料率制度」といい、無事故の期間が長ければ保険料を割り引いたり、逆に事故があり保険金を受け取ると割り増ししたりする制度です。等級区分は1等級から20等級まであり、数字が大きいほど割引率が大きく、その分保険料が安くなります。

 一般的な新規契約の場合は6等級からスタートし、1年間で保険を使った事故がなければ、次年度には等級が1つアップします。逆に、事故で保険を使うと等級が下がるしくみになっています。

 ほかにも、等級制度では自動車保険の保険料ができるだけ公平になるように、いろいろな工夫がされています。例えば、被保険者の年齢や免許証の色によって区分けしているのは、「統計上、事故の可能性が低い属性の人には、保険料を割り引こう」という発想から生まれた制度ですし、等級によって保険料を変えるのは「長く無事故でいる人は、それに見合った保険料であるべきだ」という理由で作られたルールです。ですから、事故を起こして保険金を受け取ったならば、「次年度からは保険料を高く設定しますよ」というわけです。

 ですが、単に「事故を起こして保険金を受け取った」といっても、その内容はさまざまです。ドライバーに重大な過失があった場合もあれば、逆にほとんど過失がない場合もあります。そうした違いを考慮して、等級の下げ方にも差を付けているのです。

等級がダウンする場合は、保険を使うかどうか判断を

 さて、事故を起こして保険を使ったときの等級の変動には、「3等級ダウン」「1等級ダウン」「ノーカウント事故」の3種類があります。「ノーカウント事故」は少々特殊で、文字どおり等級に影響する事故としてカウントしないので、等級が下がらないケースです。
 まずは、初めの2つについてご説明しましょう。

・3等級ダウン
 対人・対物賠償保険金、あるいは契約車両の運転をミスして車両保険金が支払われた場合は、3等級ダウンとなります。一般的な事故のほとんどが該当するケースです。

・1等級ダウン
 火災や水害、盗難、落書きやいたずら、飛び石や落下物による窓ガラスの破損などを車両保険で補填した場合に適用されます。被保険者に過失がないため、ダウンの幅を小さくしています。

 いずれの場合でも、次年度は保険料が増額になります。賠償額や損害額の大小は関係ありません。ですから、支払われる保険料の額によっては、保険を使うか自腹で支払うか考えたほうがよいでしょう。わずかな保険金を受け取っても、それ以上に次年度の保険料が割高になってしまうのは、得策ではないからです。

なぜ「ノーカウント事故」が存在するのか?

 3等級、1等級下がる事故と異なり、ノーカウント事故は、保険金を受け取っても、等級に影響しません。ですから、ほかに等級がダウンする事故を起こさなければ、次年度には等級が1段階アップします。ノーカウントに該当するのは、次のようなケースです。

<ノーカウント事故になる事例>
・人身傷害補償保険のみを使った
・搭乗者傷害保険のみを使った
・弁護士費用等担保特約のみを使った
・ファミリーバイク特約のみを使った
・無保険車傷害保険のみを使った
・これらの保険を組み合わせて使った

 保険金を受け取っていながら等級に影響しないのは、不公平のように思えます。ですが、これらの事例の大半は、そもそも被保険者の責任を問わない保険です。そのため、等級に影響しないノーカウント事故という扱いにしているのです。ただし、「ファミリーバイク特約」は、自分の責任による事故でもノーカウント事故扱いになります。なお、保険会社によっては、提供しているロードサービスなどの利用もノーカウント事故の対象になる場合があります。細かな点は保険会社によって違いがありますから、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

事故が起きたら、まず警察・保険会社に連絡を

 事故を起こしたり、事故を起こされたりしたとき、「保険料が上がるから」といって保険会社に連絡しないという人もいるようです。ですが、次年度の等級が下がるかどうか、保険料がアップするかどうかは、事故の有無ではなく、その内容によって異なります。ご紹介したように、保険を使うことがなければ等級が下がることはありませんし、たとえ保険金を受け取ったとしても、ノーカウントとなるケースもあります。ところが、事故後一定期間内に報告していなければ、後になって「保険を使いたい」と思っても、使えるとは限りません。万一の事故のときには、警察はもちろんのこと、保険会社にも必ず事故報告を入れておきましょう。保険を使うかどうかは、保険会社や代理店に相談したあとで判断すればよいのです。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について