【今さら聞けない基礎知識】自動車保険の等級制度の仕組み

 自動車保険に加入している人なら、誰でも知っている等級制度。ところが、詳しい中身についてはよくわかっていないという人も多いのでは? まずは自動車保険の等級制度をおさらいしておきましょう。

そもそも自動車保険の等級制度って何?

■無事故なら保険料を割引

 自動車保険の等級制度とは、事故歴に応じて等級を決め、保険料を割引したり、割増したりするもの。簡単にいえば、事故を起こしたら保険料が高くなり、無事故が続けば保険料が安くなっていきます。

■フリート契約とノンフリート契約

 自動車保険はフリート契約とノンフリート契約の2種類に分かれます。フリート契約は10台以上の自動車を所有している人が対象、ノンフリート契約は9台以下の人が対象となります。通常、10台以上自動車を所有していることは稀なので、ここではノンフリート契約の場合について解説していきます。

■等級は通常20段階

 自動車保険の等級は通常20段階に分かれており、等級の数字が大きくなるほど割引率が上がる仕組みになっています。実際の割引率は自動車保険会社によって異なりますが、「参考純率(※)」と呼ばれる一定の基準値が存在しているので、以下で紹介します。

【等級別割増引率(継続契約の場合)】

等級

無事故

事故有

1等級

+64%

+64%

2等級

+28%

+28%

3等級

+12%

+12%

4等級

−2%

−2%

5等級

−13%

−13%

6等級

−19%

−19%

7等級

−30%

−20%

8等級

−40%

−21%

9等級

−43%

−22%

10等級

−45%

−23%

11等級

−47%

−25%

12等級

−48%

−27%

13等級

−49%

−29%

14等級

−50%

−31%

15等級

−51%

−33%

16等級

−52%

−36%

17等級

−53%

−38%

18等級

−54%

−40%

19等級

−55%

−42%

20等級

−63%

−44%

※参考純率は、事故が発生した際に保険会社が支払う保険金そのものに関わる料金率(純保険料率)の参考値。保険会社はこの数値を参考にして純保険料率を設定している。なお、実際の割引率は、さらに「付加保険料率」と呼ばれる、会社運営に必要な諸経費の率を加えて算出される。
【各社の口コミをチェックしてプランを見直そう!】自動車保険ランキング>>

等級が上下するのはどんなとき?

■1年間無事故なら1等級アップ

 自動車保険の等級は、1年ごとに変動します。無事故なら翌年は1等級上がり、割引率が高くなっていくことになります。

■事故を起こすと等級ダウン

 事故を起こして保険を使用した場合は、原則として翌年から3等級下がってしまいます(盗難や自然災害によるものなど、一部は1等級ダウン)。下がった等級は、無事故ならまた翌年から1等級ずつ上がっていき、事故を起こしてから4年間無事故なら元の等級に戻ります。

■事故後最低3年間は割引率低下

 事故を起こすと単に等級が下がるだけでなく、同じ等級でも無事故の場合より割引率が低くなってしまいます。上に掲載した表の「事故有」の割引率がそれです。事故1件につき3年間(1等級ダウンの事故に関しては1年間)はこの「事故有」の割増引率が適用されます。保険料を抑えるためにも、事故を起こさないように気をつけましょう。

<場合によっては自動車保険を使わない方が良いことも>
等級が下がるのは事故を起こして「自動車保険を使った場合」。保険を使わずに自腹で損害を補填した場合は等級は下がりません。そのため、軽微な事故などの場合、等級が下がることで割増される保険料の方が、受け取る保険金より高くなってしまうこともあります。事故の損害金額によっては、あえて保険金を受け取らないという選択肢も検討すべきでしょう。
【事故を起こした場合の等級変動例】
(例1)18等級で3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級

3年目

16等級

4年目

17等級

5年目

18等級

※3等級ダウンの事故1回で計3年間事故有の係数を適用
(例2)18等級で1等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

17等級

3年目

18等級

※1等級ダウンの事故1回で計1年間事故有の係数を適用
(例3)18等級で3等級ダウンする事故を起こし、翌年さらに3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級(事故発生)

3年目

12等級

4年目

13等級

5年目

14等級

6年目

15等級

7年目

16等級

8年目

17等級

※3等級ダウンの事故2回で計6年間事故有の係数を適用
自動車保険を比較・検討するならオリコンランキング>>
実際に運転していて、事故・トラブル等で自動車保険を適用した10,000人が選んだ! おすすめの自動車保険会社を紹介。各自動車保険会社の保険料の満足度や口コミも掲載。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について