世界の「自動車保険」事情(1)米国・ブラジル・英国と日本の自動車保険の違いとは?

  • 【画像】英国の街並み

 自動車は、私たちの生活や企業活動に必要不可欠な存在である一方で、その普及率が上がるほど、危険な事故のリスクもまた大きくなっていきます。
 日本では「自賠責保険」への加入を義務付け、さらに「任意自動車保険」も用意されるなど、万が一の事故に対する補償が備わっていますが、この制度は世界共通ではありません。海外の自動車保険に目を向けてみると、補償内容や補償額、加入経路などは日本とは少し異なっているようです。

米国の損害保険会社は3000以上! 補償内容や保険料は州ごとに異なる

 世界最大の保険市場を誇る米国には、実に3000以上もの損害保険会社が存在します。すべての会社で自動車保険を扱っているわけではありませんが、日本の損保が50社程度であることを考えると、膨大な会社が競合していることになりますね。

 米国の保険市場の特徴は、州ごとに制度が異なる点。自動車保険においても、州によって補償の内容や補償額に差があり、保険料も大きく異なっています。また、米国には、日本の自賠責保険のような国の制度はありません。ただし、自動車を運転する条件として、ほとんどの州で最低限度の対人・対物賠償責任保険を購入するよう、自動車所有者に法律で義務付けています。

 ところが、自動車保険の保険料をみてみると、日本の年間平均6〜7万円程度に比べ、米国は平均9万円程度とやや高め。ニューヨーク州やニュージャージー州、ワシントンDCなどでは10万円を超えるといった、高額な州もあるようです。このため、低所得者や事故・違反歴によって保険料が大幅に割増される運転者は、加入しないというケースも少なくありません。このような無保険者は10〜30%に達する州が大多数です。
日本と米国の自動車保険の違い
損保社数は、日本では50にとどまるが、米国では3000以上にのぼる
米国では、州によって補償内容から補償額、保険料に差がある
米国には自動車保険に関する国の制度はなく、州ごとに最低限度の保険の付帯を義務付けている

ブラジルの死亡・後遺障害補償は約60万円 任意保険の加入率は3割程度

 FIFAワールドカップの開催も記憶に新しく、2016年にはオリンピックも控えている南米最大の面積を持つブラジル。強制の自動車保険はありますが、その補償額は死亡・後遺障害で1万3500レアル(約60万円)、傷害で2700レアル(約11.8万円)と、日本の自賠責保険の補償額(例:対人賠償・死亡時で3000万円)と比較すると、物価の違いを考慮してもかなり少ないと言わざるを得ません。

 一方、任意保険への加入率を見ると、わずか3割程度。しかも、自分の車の損害をメインに補償する車両保険への加入が全体の7割を占めており、第三者への賠償責任保険への加入はあまり進んでいません。その背景にあるのは、自動車盗難の発生率の高さ。ブラジル全土の自動車の盗難発生率は、米国の約4倍。首都リオデジャネイロにおいては、ニューヨークの約20倍にも達します。10万台のうち毎日7台が盗難に遭っていることになるほど発生率が高いため、車両保険への加入が進んでいるのです。
日本とブラジルの自動車保険の違い
強制保険における死亡時の補償額は、日本の3000万円に対し、ブラジルでは約60万円
ブラジルでは、賠償責任保険ではなく車両保険への加入が全体の7割を占める

英国のダイレクト系自動車保険のシェアは50%! 一方、日本は…?

 英国の自動車保険市場は、1985年に登場した通販系の損保“ダイレクト・ライン(Direct Line)社”の登場によって大きく変わりました。それまでは保険ブローカーが保険販売の中心にいましたが、こと自動車保険分野においては、電話やインターネットによるダイレクト販売が徐々に浸透してきたのです。現在では、インターネット上の価格比較サイトを通じた自動車保険の販売が拡大しており、個人向け自動車保険の販売シェアは、ダイレクト系が約50%と半数を占めています。日本でも、ダイレクト系のシェアは徐々に伸びてきていますが、その割合は10%程度と、英国ほど浸透してはいません。

 英国でこれだけダイレクト販売が拡大したのは、商品内容に各社とも差がなく、パッケージ化された商品が主流であるため、保険料を比較しやすいからとされています。日本では損保ごとに違いがあり、比較しづらく感じる人も多いかもしれませんが、「保険料の安さ」または「事故対応の良さ」などと自身の重視ポイントを明確にし、各社のWebサイトや口コミを見て比べながら加入したいところですね。
日本と英国の自動車保険の違い
個人向け自動車保険の販売シェアは、日本では10%・英国では50%
英国では、各社とも商品内容に差がなく、パッケージ化された商品が主流



ダイレクト系自動車保険の事故処理の対応に関するドライバーの口コミはこちら>>

※掲載内容は2014年8月時点の情報です

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について