自動車保険の手続きにかかわる必要書類の使い方と重要性

  • 【画像】必要書類

 自動車保険だけでなく保険に加入するときには、そのための手続きと書類が必要となります。時には急いで提出しなければならない時もあるかもしれません。自動車保険で考えられるのはもしもの事故の時になります。その際はどのような書類が必要になるのかご存知でしょうか。

 また、自動車保険の手続きは正確さを要求されます。必要書類に不備等があると受け付けてくれません。それぞれの必要書類においてどのような注意点があるのかも、あらかじめ確認しておきたいところです。

 ここでは、自動車保険の手続きと必要書類について紹介します。

書類手続きをする機会が意外と多い自動車保険

 自動車保険の手続きは加入時から発生するものです。最適なプランや補償内容、特約を選んで保険会社と契約を締結し、受理されれば「保険証券」が発行されます。

 逆に、自動車保険を解約する時も解約のための手続きをしなければいけません。ウェブサイトや電話で完了する保険会社もあれば、保険会社の様式による書類を提出する保険会社もあります。解約の理由次第では「中断証明書」を発行して等級を維持することが可能です。

 同じ保険会社で契約を継続する時も、その都度、手続きが発生します。更新の際に補償の見直しをしてプランを変更するなど、補償の内容を変えない時も変更する時もいずれも手続きは必要です。また、見直した結果、保険会社を乗り換えるならその際も手続きが必要です。

 また、家庭内環境の変化によって手続きする場合もあるでしょう。住所変更や車の名義変更、車そのものを入れ替えた場合などの際は、保険会社に届け出をしなければいけません。契約内容との違いが生じると、万一の際に補償がされない恐れがあります。
手続きというのは、事故に遭った時にも保険金を受け取るために、とても重要なことになります。

自動車保険の各種手続きと必要書類の使い方

 自動車保険の加入手続きにおける必要書類は運転免許証と車検証です。他の保険会社から乗り換えるならその保険証券も用意しましょう。それぞれが保険料を決める重要な書類です。

 一方、解約手続きでは特に手続き書類以外には必要書類はありません。ただし、電話で手続きするにしても書面を送るにしても、保険証券の情報が必要な場合があります。あらかじめ手元に準備しておくと、スムーズに手続きできるでしょう。

 保険会社を変えずに自動車保険を契約更新する場合は、あらかじめ必要な情報が表示・掲載されているので必要書類はあまりありません。ただし、別の保険会社に乗り換える場合は、現在の自動車保険の保険証券が必要になります。そこに記載されている車種や免許証の色、等級が引き継がれるからです。中断していた自動車保険を乗り換える時は「中断証明書」が「保険証券」の代わりになります。
 
 契約中の各種変更手続きはインターネット上の会員用ページから申請や、電話や対面など口頭で済むこともあります。例えば、住所変更には必要書類がありません。同居家族の追加や削除も同様です。ただし車の入れ替えや車の名義変更のように契約内容に関わる時は、新しい車検証の提出を求められる場合があります。

 万一事故を起こした時は、保険金を請求するために多くの書類が必要になります。「保険金請求書」や本人を確認する免許証・戸籍謄本、事故車を確認する車検証・自賠責保険証明書などがあります。
特に事故の詳細を確認できる「交通事故証明書」は不可欠です。これを発行してもらうためにも、事故を起こしたら必ず警察に届け出ましょう。

保険証券に目を通す時が自動車保険を見直すタイミング

 多くの自動車保険の手続きでは、本人と内容の確認のためにも保険証券の準備が必要です。保険料や補償内容などをあらためて見直すよい機会となります。特に契約内容が大幅に変わる時はなおさらです。

 インターネット上でも簡単に保険会社の見積もりを利用できます。特に通販型の自動車保険であれば保険料が安くなる可能性があります。

 同じ条件でも保険会社によって割引の内容が異なるため、保険料に差ができることもあります。保険会社によっては、事故率が低い40〜50代の保険料が最も安くなったり、1年間の走行距離が短いほど割引率が大きくなったりします。

 普段の利用頻度に基づいて、どこの自動車保険が安いのか分かれば、乗り換えることで大きな節約になるでしょう。その際、もちろん保険の重複や空白期間が生じないように、手続きにおいては従来の契約の終了日と新しい契約の開始日を一緒にする必要があります。

車検証や保険証券を紛失した時の手続きと手数料

 自動車保険の手続きに必要な書類の中で、免許証はもちろん「車検証」と「保険証券」も重要です。自動車保険の手続きにかかわらず、あらゆる場面で必要になります。いざ、使用するときにどこに保管したのかわからないケースもあります。車検証は車内に、保険証券はコピーを取って車検証と一緒に保管すると安心です。

 車検証を発行するのは、普通乗用車がナンバーを管轄する運輸支局、軽自動車が軽自動車検査協会です。再交付を依頼する時の必要書類は身分証明書と申請書、紛失で既存の車検証を返還できない場合はその理由書も書かなければいけません。軽自動車検査協会は専用の申請書だけで済みます。どちらも代理人に手続きを依頼することも可能です。新しい車検証は通常当日中に再交付されますが、受付時間や混み具合にもよりますので、日程的に余裕をもって手続きをしましょう。手続きにかかる費用は印紙代300円です。

 保険証券は保険会社から再交付されますが、手続きの方法や必要書類は各社とも異なります。申請だけで済むところもあれば、身分証明書に加えて印鑑証明書まで求められる場合もあります。1週間から10日ほどかかりますが無料で再交付されます。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について