これは補償対象になる?対物賠償保険の基礎知識

  • 【画像】個人賠償責任特約

 自動車保険の対物賠償保険とは、事故で「他人の財産(車や家など)」を傷付けてしまった場合の賠償に備える保険です。自動車保険における対物賠償保険は、対人賠償保険と双璧をなすものです。特に物損事故には自賠責保険が適用されないため、任意保険の中でも重要性の高い保険となっています。

 しかし、対物賠償保険は、補償対象や適用範囲などに関する誤解も多いため、対物賠償保険の必要性や補償範囲などについてまとめておきます。

場合によっては、億単位の賠償額になることも…

 自動車保険の保険料は、補償内容を充実させるほど高額になります。そのため、「補償は手厚いにこしたことはないが、必要最小限をクリアしていれば十分」と考えたくなるのは当然でしょう。しかし、対物賠償保険と対人賠償保険に関しては、そのような考え方はしないほうがいいかもしれません。理由は、交通事故で他人の財産に損害を与えた場合の賠償請求額には上限がないからです。

 例えば「わき見運転で高級外車と衝突してしまった」というような場合には、数千万円にも及ぶ損害賠償を請求されるケースも考えられますし、過去には高価な積荷を積んだトラックと事故を起こし、数億円にも上る損害額が認定されたこともあります。

 ハンドルを握る以上、どんなに慎重なドライバーでも事故に遭遇する可能性はゼロにできません。そして、その被害金額は自分ではコントロールできません。たとえもらい事故でも、過失がゼロになるとは限らず、請求された損害賠償に対しては相応の責任を負わざるをえないのです。

 対物賠償保険には1事故あたり1000万円、2000万円などの保険金額が設定できます。しかし、保険料には、さほど大きな違いは出ません。できるだけ、補償は無制限にしておくべきでしょう。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

直接損害と間接損害

 対物の賠償責任には「直接損害」と「間接損害」の2種類があります。例えば、ハンドルを切り損ねてコンビニの店舗を破損してしまった場合、その賠償責任はコンビニの建物の修理費用や商品代金の「直接損害」だけでなく、営業していたら本来なら得られたであろう利益損失である「間接損害」にも及びます。間接的な損害まで含めると、高額な賠償金を背負うため、対物賠償保険を無制限にする必要があります。

対象になるのは「他人の財産への損害」だけ

 対物賠償保険の補償範囲は「他人の財産への被害だけに限定されます。例えば、夫が妻や子どもの車に衝突しても保険は適用されません。では、「家族」と「他人」の線引きはどこにあるのでしょうか。

 一般的な自動車保険では、下記の人を「家族」と定義しています。

 ・記名被保険者(本人)
 ・記名被保険者の配偶者
 ・記名被保険者または配偶者の同居親族
 ・記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

 実際に何らかの事故が発生した場合、どのような相手を他人とみなして対物賠償保険の対象とするかは、保険の約款によります。ひとまず、上記の要件に該当する人は「家族」とみなされ、対物賠償保険による補償は受けられないものと考えるべきでしょう。

自分の管理下にあるものは補償されない

 対物賠償保険は、下記のような「免責事由」により保険金が支払われない場合があります。

 ・故意による事故
 ・戦争・暴動などの異常事態による損害
 ・地震や台風などの自然災害による損害

 また、記名被保険者が所有・管理・使用している財物なども補償の対象となりません。具体的には「記名被保険者が他人から借りた物」は対象になりませんので、「運転中、友人に借りた高価な腕時計が事故で破損した」というような場合も補償されません。この場合、腕時計は記名被保険者の所有物ではありませんが、管理・使用していたことは間違いないからです。

 対物賠償保険にはこのような制約もあり、決して対物損害に関する万能の保険というわけではありません。しかし、事故によって高額な賠償責任が生じたときの備えとして、欠かせない保険であることは間違いありません。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について