台風や洪水など自然災害時における自動車保険の補償

 台風や大雨による浸水など、自然の猛威に関するニュースはよく耳にします。自然災害は未然に防ぐのは難しい上、現実に被害に遭ってしまったら、その程度もかなり大きなものになってしまうでしょう。そんな台風などの自然災害によって車に損害が生じた場合、自動車保険は適用されるのでしょうか。

自然災害で補償を受けるには車両保険に加入していることが前提

  • 【イラスト】自然災害

 台風や洪水といった自然災害による被害においては、自動車同士の事故のように相手がいるわけではありません。そのため、補償を受けるには車両保険に加入していることが前提となります。

 車両保険には、大きく分けてオールマイティタイプとエコノミータイプの2種類があります。実は両者ともに、交通事故だけでなく自然災害で受けた損害も補償してくれるのです。ただし、すべての自然災害に対応しているわけではないので注意が必要。具体的に見ていきましょう。

車両保険での補償対象になる自然災害

■台風・集中豪雨・洪水・火災による損害

 台風・集中豪雨・洪水・火災による損害 台風や大雨によって、河川が氾濫するなどして洪水が起こり、浸水の被害に遭ったり家屋が倒壊して車が損傷したりすることがあります。車両保険では、このような台風・集中豪雨・洪水といった水害による車の修理費も補償の対象となります。それにより起きてしまった火災などによる被害も、車両保険での補償の範囲内です。

■ひょう・竜巻・大雪による損害
 ひょう・竜巻・大雪による損害 突然降ってくるひょうも、自動車を傷つけることがあります。数分間に渡り氷の粒に降られたら、ときには窓ガラスが割れるなんてことも。そんなひょうによる損害も、車両保険で補償されます。竜巻などの風災や、大雪などの雪災も同様です。

車両保険では補償対象にならない自然災害

■地震・津波による損害

 地震、津波による損害 近年、大規模な地震を想定する機会が多くなってきました。では、地震によって自動車が被害に遭った場合は車両保険で補償されるのかというと、残念ながら通常、対象外となっています。また、津波による被害も同様です。

■噴火による損害

 火山の噴火によって自動車が被害に遭った場合も、車両保険では補償の範囲外です。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について