車両保険の免責金額

 相手に対する賠償を補償する「賠償責任保険」、自分や同乗者のケガを補償する「傷害保険」とは異なるのが車両保険です。車両保険に加入していると、事故によって自分の車が損害を受けた場合に、その修理代などが支払われます。

車両保険では「車の価値」で保険金額が決まる

  • 【イラスト】車の価値

 対人賠償保険や対物賠償保険は、「いくらまで補償するか」を自分で設定することができます。それに対し車両保険は、保険金額を自分で自由に決めることはできません。300万円の価値の車に1000万円の保険金を請求することはできないということです。

 「車の価値」を決めるのは自動車保険会社になります。新車であれば、購入金額に近い額となりますが、中古車の場合は減価償却によって市場価値も下がります。車の種類だけでなく、車の年式や時価額などをもとに算出された金額が、車両保険の保険金額に設定されるのです。

 車両保険の保険金額は毎年変化します。例え新車で購入して車両保険に入ったとしても、毎年の減価償却に伴い、その車に支払われる保険の上限額も年々下がっていくのです。車を買った当初は300万円の車両保険に入っていたとしても、10年後には上限が50万円になってしまうこともあります。10年乗った車を手放そうとしても、なかなか高値はつかないですよね。それと同じことです。

 また、車両保険の保険金額は車の修理代とは関係がないということも注意しておきましょう。実際に修理に200万円かかる場合でも、50万円までしか補償されない、というケースも考えられます。減価償却に伴う車の市場価値が50万円だと判断されれば、50万円までしか保険金は支払われないのです。車両保険に加入したまま、特に金額を確認したりせずに毎年更新しているような場合は、注意が必要だといえるでしょう。

保険料とのバランスが重要な車両保険

 他人に対する保険で、しかも莫大な金額になりうる損害について補償する対人・対物賠償保険などと比べると、自分の車に対する補償である車両保険は、必ず入るべき保険だとはいえないかもしれません。実際、保険料も安くはないため、車両保険を付けるかどうかは判断が分かれるところです。また、上記の通り、年数を経た車はその価値(=支払われる上限額)がかなり低くなります。保険金額が低くなれば毎年の保険料も下がっていくとはいえ、もらえる上限額が低い車両保険のために保険料を支払い続けるのは得策とはいえません。

 以上のことから、車両保険は新車で価値が高いうちは加入しておき、何年か経て車の価値が下がってきたら見直す、という人が多くなっています。もちろん、はじめから車両保険には入らず、いざとなったら自己負担で、という選択肢もあります。実際、車両保険を付けるか付けないかで年間の保険料はかなり変わりますので、コストと補償のバランスを考え、じっくり検討しましょう。

車両保険の免責金額とは?

 車両保険の保険料にかかわるものに、免責金額があります。免責とは、「保険会社が支払わなくてもいい金額」、つまり「契約者の自己負担額」のことです。例えば、「免責金額5万円」といったら、事故による車の修理代が50万円かかった場合、5万円を契約者が負担して、残りの45万円が自動車保険会社から支払われることになります。この免責金額を大きくすると、保険料を下げることができるのです。

 免責金額は、「車両保険を使う1回目の事故」と「2回目以降」で分けて設定することができ、「1回目の免責金額5万円、2回目以降10万円」といった形で契約することが多くなっています。例えばこれを「1回目も10万円」にすれば、それだけ保険料が安くなることになります。

 先ほども触れましたが、車両保険は新車や高級車など、損害額が大きくなる場合に備えて入るケースが多いので、「いざ保険を使うことになったときに多少の自己負担があるのは仕方ない」「少額の損害のときに使って3等級ダウンするくらいなら自腹で修理代を払う」と割り切ってしまえば、免責金額を高めに設定して毎年の保険料を下げることも可能です。

車両保険の免責金額が0になる特約

  • 【イラスト】免責金額

 免責金額を1回目に限り0にできるという契約もあります。これは「免ゼロ特約」(車対車免責ゼロ特約)といって、車両保険に免責金額を設定したときに付けられる特約です。

 自動車同士の衝突や接触事故で、相手方の自動車と運転者が確認できた場合、1回目の事故について車両保険の免責金額が0円となります。どこの保険会社も数千円程度で付けられる特約です。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について