自動車保険会社とJAFのロードサービスの違い

  • 【画像】レッカー車

 最近、顧客サービスとして各種ロードサービスを提供する自動車保険会社が増えてきました。一方、以前からロードサービスを行ってきた団体にJAF(一般社団法人日本自動車連盟)があります。そのため、自動車保険会社とJAFのロードサービスを混同してしまう人も多いようです。ここで、それぞれの違いを見てみましょう。

自動車保険会社より先にロードサービスを提供していたJAF

 JAFとは、ドライバーの権益を保護することを目的に設立された、自動車に関する様々な業務を行う団体です。一般的には、ロードサービスで知られています。実は、自動車保険会社がロードサービスを提供するようになるまでは、バッテリー上がりやキー閉じ込みといったトラブルの際の救援といえばJAFでした。そのほかにもレッカーサービスなど、現在自動車保険会社が提供しているものと同様のサービスを行っています。

自動車保険会社とJAF、両者の違いは「対象」

 自動車保険会社とJAFのロードサービスの内容は、おおむね同じといって良いでしょう。しかし、決定的に違うことがあります。それは「対象」です。

 自動車保険会社のロードサービスは自動車保険に付帯するものなので、被保険自動車、つまり「車」を対象にしています。一方JAFは、年会費を払った会員に対し、様々なロードサービスを回数の制限なく無料で提供するシステム。つまり「人」を対象にしているのです。例えば他人の車を運転していてトラブルに遭った場合、会員であればJAFのロードサービスは受けられるということですね。自動車保険会社のロードサービスは、保険の対象にならない場合は受けられないケースがあるので注意しましょう。

自動車保険会社のロードサービスの対象

被保険自動車

JAFのロードサービスの対象

年会費を払って会員となった人


 ただ、最近の自動車保険会社のロードサービスは充実しているため、たいていのトラブルなら自動車保険に付帯するロードサービスで十分かもしれません。とはいえ、より厚い安心感を得るために、自動車保険への加入とともにJAF会員になっているという人もたくさんいます。自分の車の運転の仕方や、想定されるトラブルなどを考え、より自身にあった選択をしてください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について