自動車保険は加入当日から補償を始めることはできるのか?

  • 【画像】即日

 自動車保険は代理店やインターネットで申込手続きを行うことにより、始期日から補償が始まる仕組みになっています。新規で加入する、または他社から変更する場合、いずれもある程度余裕を持って申込手続を行うのが一般的です。しかし、任意保険に入っていない車を急に運転する機会が訪れた場合はどうすればよいのでしょうか。

 任意の自動車保険に無保険状態のまま運転するのは不安という場合は、急いで保険に加入しなければなりません。任意の自動車保険は、即日補償は可能なのか、自分は何をすればよいのか、多くの疑問や不安が生じることも考えられます。

 そこでここでは、自動車保険の補償が始まるまでの流れや即日加入が可能なのかについて解説をしていきます。万が一の時に補償を受けられるように、適切な手続きをしましょう。

自動車保険はいつから補償が始まるのが一般的?

 自動車保険に加入するには、必要書類の提出、保険料の納付などの申込手続が必要です。この時点で書類に不足や不備があったり、保険料を納めていなかったりする場合は申込手続ができません。

 申込手続後、保険証券に記載されている始期日から補償が始まります。基本的に始期日の午後4時から補償が始まります。加入時に希望すれば別の時刻に変更することも可能です。例えば、午後1時に運転する予定がある場合は申込時にその旨を伝え、11時や12時から補償が始まるようにしてもらえばすぐに運転ができるようになります。補償開始時刻の変更の手間に別途料金が発生することはないため、自分の都合に合わせて決めるとよいでしょう。

 また、申し込んでから補償開始までにどれくらい日数が空くものなのかは気になるところではないでしょうか。申込書類に不備があったりして時間が取れなかった時など、スムーズに手続きができない可能性は十分にあります。そのようなことを考え、余裕を持って1週間前には手続きを終わらせるケースが多いようです。

どうしても今日から使いたい!そんなときはどうする?

 自動車保険の加入は余裕を持って手続きを行うことが一般的ですが、納車予定が早まったり、急に車を運転することになったりした時など、どうしても今日から自動車保険に加入したいという場合も考えられます。そのような場合はどうすればよいのでしょうか。

 自動車保険は通販型と代理店型との2種類があり、通販型は最短でも翌日補償開始ですが、代理店型は即日補償開始が可能です。そのため、すぐ自動車保険に加入したい場合は、代理店で申込手続きを行うと安心です。

 また、代理店へ申込みに行ったとしても、必要書類が不足していたり必要情報が分からなかったりすれば保険に加入することはできません。1回で不備なく手続きが終わるように、しっかり準備をしてから申込みに行くようにしましょう。必要書類が分からない時は、事前に代理店に問い合わせれば教えてもらえます。その際にアポイントを取っておけば、より一層スムーズに申込みができる可能性が高まります。時間がない時は焦ってしまいがちですが、冷静に行動することを心がけましょう。

万が一の時に補償を受けるため、気を付けたいこととは?

 車を運転するなら任意の自動車保険に加入するというのは、運転者として当然ともいえます。しかし、実際は任意の自動車保険に全く入っていない車も多くあり、事故の時に問題となることも多いものです。

 日本損害保険協会は、サイトに「自動車保険の都道府県別加入率」のデータを公開しています。2016年3月末の情報によると、対人賠償保険の加入率は全国計で74.1%、対物賠償保険の加入率は74.2%です。おおよそ4台のうち1台は重要な補償にあたる任意の自動車保険に入っていないことになります。そもそも任意の自動車保険に入る気がない人もいるものの、自動車保険には入っていても、被保険者が違ったり、年齢条件が合っていなかったりという可能性もあります。自賠責保険だけの状態にならないように、注意しておきましょう。自分の加入状況や継続日などをチェックリストにまとめておくと便利です。

 その他、自動車保険に申込んだ当日に事故を起こした場合には、補償がされない可能性もあります。加入手続きが処理される前に事故を起こしてしまった場合などです。申込みが滞りなく終わったとしても、加入当日に運転することはなるべく避けておいたほうがよいでしょう。

自動車保険に申し込む時、新規と変更では何が変わる?

 現在加入している自動車保険を別の保険会社に変更したい場合は、どうすればよいのでしょうか。

 代理店を経由して加入する場合は、現在の補償内容や登録情報を伝えて見積もりを出してもらい、保険料と必要書類を準備して変更先の代理店へ申し込むことになります。この時に指定した日時から補償が始まり、その時点で前保険会社との契約は終了です。

 インターネットから申し込む場合は、設計・見積もりから申し込みまで、全てを自分でやることになります。注意点としては、加入する自動車保険の補償内容や、登録情報が間違っていないかをしっかりと確認しておく必要があるということです。特に、インターネットから申し込む場合は、より一層注意しなければなりません。

 新規加入する場合も手続きはほとんど同じです。加入している保険がないため、車検証を用いて見積もりを出すことになります。他に既に契約している自動車保険があれば保険料が割引される可能性があるので、利用できる特約がないかを確認するようにしましょう。

 保険会社の変更とは違い、新規加入の場合は補償が始まるまで自賠責保険のみの状態です。補償が始まる前には運転をしないように気を付けましょう。
 自動車保険は申込手続後、始期日の午後4時から補償が始まるのが一般的です。必要書類に不備があるなど、手続きが順調に進まなかった場合のことを考え、余裕を持って申込手続を行うことが望ましく、遅くとも前日にはすべての処理が終わるようにしましょう。

 しかし、急な予定変更などにより、どうしても今日から補償が欲しいという場合も考えられます。そのような場合は、代理店を経由して自動車保険を申し込むことで、当日から補償を開始することも可能です。必要書類がわからない時などは代理店へ確認することで、スムーズに申込手続を行えるようになります。

 なお、自動車保険に申込んだ当日に事故を起こしてしまった場合、契約・加入手続が終わっていなければ補償がされない可能性もあります。できるだけ加入当日に運転することは避けておいたほうがよいでしょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について