自動車保険の「車両入替」って何?

  • 【画像】通販型

 「車両入替」とは、文字どおり自動車保険で契約している車両を、別の車両に入れ替えることです。自動車保険は、契約対象である車に紐付けられています。中には「ドライバー保険」のように、契約者自身に紐付けられる保険契約もありますが、自動車保険全体の中では特殊な例でしょう。

 あなたが保険をかけた車を、他人が運転して事故を起こしたとしても、その損害は基本的に車両にかけられた保険によって補償されます。ですから、車を買い換えた場合などは、これまで契約していた車から新しい車に契約を切り替えなくてはならないのです。しかし、全ての車が変更できるわけではありません。ここでは、自動車保険の「車両入替」について、知っておきたいことをご紹介します。

車両入替をするための条件とは?

 車両入替の手続きをするには、所有者や車種などの条件があります。これらの条件をクリアしていないと、車両入替はできません。
 まず、新しい車の所有者が、次のいずれかに該当することが必須です。

・乗り換え前の契約車両と同じ
・契約中の保険の記名被保険者
・契約中の保険の記名被保険者の配偶者
・契約中の保険の記名被保険者及び配偶者の同居の親族


 次に、自家用普通乗用車の車両入替の場合、新しい車の用途・車種が、次のいずれかに該当していなければいけません。

・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用小型貨物車
・自家用軽四輪貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)
・特殊用途自動車(キャンピング車)


 これら8種の車は「自家用8車種」と呼ばれ、自動車保険においては1つのグループとして扱われており、自家用普通乗用車からの車両入替が可能です。逆に、このグループ以外の用途・車種の車両に対しては、車両入替ができません。

 一見、一般の人が買いそうなほとんどの車を網羅しているようですが、注意しなければいけないのが用途です。例えば、「営業用の車を買ったので、自家用車の自動車保険を入れ替えたい」(事業用自動車に車両入れ替え)という手続きはできないのです。また、「車を売却して大型バイクを買ったので、保険を入れ替えたい」というような、車からバイクへの変更もできません。

 自動車保険は契約や保険金の支払いに関して、契約条件や免責事項が非常に細かく設定されています。車両入替1つとっても、所定の条件を満たさない場合は手続きができず、新規契約となることもあります。車の買い替えなどを検討している場合は、事前に保険会社に相談しておくようにしましょう。

車両入替、手続きはどうすればいい?

 車両入替は、タイミングが大切です。新しい車が納車されたのに手続きが済んでいないと、保険が掛けられていない状態になりますので、運転するのは避けたいところです。そこで、安心して新車を運転するためにも、事前に手続きを済ませましょう。保険会社によって多少異なりますが、おおむね以下のような手続きが必要となります。

<車両入替手続きの流れ>
・ディーラーまたは販売会社から、新しい車の車検証あるいは車検証のコピーをもらう
・納車日を決める
・車両入替の手続きを済ませる(必要なら書類を提出)
・保険料の差額があれば精算する


 ここで大切なのは、納車日までに車両入替の手続きをすべて済ませておかなければならないということです。たとえ1000円でも差額があれば、それを振り込まなければ完了したことにはなりませんので、注意しましょう。

車両入替をしないでいるとどうなる?

 「面倒くさい」「時間がない」など、何かと理由をつけて車両入替の手続きをしないまま、新しい車に乗っているとどうなるでしょうか? ただ車を走らせているだけなら、何かが問題になるわけではありません。ですが、車両入替の手続きをしない状態で事故を起こした場合、その車は自動車保険に未加入ですから、保険が支払われることはありません。

車両入替と同時に、保険内容の見直しを

 自動車保険は一度契約してしまうと、同じ内容で更新していくことが多いようです。特に、保険料の支払いがカード決済であったりすると、保険を意識することが少なくなり「前年度と同条件」で済ませてしまうかもしれません。ですが、自動車保険に関係する契約者側の状況は、長い間に変わっていくものです。免許証の色や年間の走行距離、ドライバーの年齢条件など、変更によっては保険料を安くできることもありますし、より合理的な補償内容に変えていくこともできるでしょう。

 自動車保険の車両入替は、保険の内容を見直すチャンスでもあります。今のあなたに最適な自動車保険はどのようなものか、この機会に保険会社に相談してみてはいかがでしょうか。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について