運転者限定特約で保険料を抑える

 保険契約者以外にも車を運転するドライバーが増えれば、それだけ事故リスクは高くなります。そのため、契約者本人しか運転しない車と、契約者の家族や友人なども運転する車では、前者の方がより保険料を下げることが可能です。しかし、そのためには自動車保険の契約時に、運転者限定特約を付ける必要があります。

ドライバーを限定して保険料を抑える「運転者限定特約」

 自動車保険は基本的に人ではなく自動車に付けるもの。通常は、契約者以外の他人が運転していた際の事故でも、補償を受けることが可能です。

  • 【イラスト】注意点

 ただし、「自分の車を他人が運転する機会は殆ど無いし…」という人も多いはず。そこで、ドライバーの範囲を狭めることで自動車保険の保険料を下げることができる「運転者限定特約」というものがあります。この特約は事故の際に補償が受けられる範囲を、ドライバーで限定するというものです。指定のドライバー以外の人が運転していたときに事故を起こしても補償はされませんが、代わりに保険料を安く抑えることができます。
 なお、自賠責保険には運転者を限定するような特約は適用されません。そのため、事故の際に他人にケガをさせた場合にも、同保険による補償は必ず適用されます。

運転車限定特約で補償が適用される範囲

 一般に自動車保険では、「家族」「契約者とその配偶者」「契約者のみ」の3種類にドライバーを限定できます。ただ、ドライバーを「家族」に限定した場合、補償が適用される範囲は細かく指定されるので注意が必要です。

 「契約者のみ」という限定の仕方は、車を1人1台持っているような家庭におすすめ。ほかの家族の車は運転しないという決まりを作っておくと保険料を抑えることができます。それにより車の保険料を誰が負担すべきかが明確になり、保険料の支払いをよりスマートに行うこともできるでしょう。

契約期間中に運転者限定特約を変更することは可能

  • 【イラスト】注意点

 自動車保険の契約中でも運転者限定特約は変更することが可能です。これを利用すれば自動車保険の契約上、契約者しか補償が適用されないような車でも、一時的に家族全員が運転できるようになります。旅行のために父親の車を借りるときなどは、ドライバー全員が補償を受けられるように契約内容を変更しておきましょう。

 なお、運転者限定特約の変更は何度でも行えるので、ドライバーが契約者本人だけに戻った場合には、再び保険内容を変更して保険料を下げることができます。ちなみに、運転者限定特約を変更する場合には、事前に保険会社へ連絡を。また、変更に伴って追加保険料の支払いや返金などが発生する場合があります。

他人の車を運転した場合に補償を受けられる特約

 自動車保険会社によっては「他車運転危険担保特約」という特約を用意していることがあります。この特約を自動車保険に組み込んだ場合、他人の車を借りて運転している場合の事故にも、補償を適用することが可能です。ただ、補償範囲は契約している自動車保険によって異なりますので、自身や家族のケガなどに補償が適用されるかどうかは、契約している各自動車保険会社に確認してください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について