自動車保険会社の割引サービス

 自動車保険の保険料をとにかく安くしたいなら、保険会社が用意している各種割引サービスを活用しましょう。ドライバーの運転歴や車の安全装置、さらには契約手続きの方法など、割引の対象となる条件は自動車保険によって様々です。インターネットの見積りサービスを利用するなどして、受けられる割引サービスと提供している自動車保険会社をきちんと把握しておきましょう。

多彩な割引サービスを用意する自動車保険会社

 自動車保険会社には様々な割引制度があります。ドライバーを対象にしたものでは、「ゴールド免許割引」が多くの自動車保険会社で利用可能。ゴールド免許所持者は事故リスクが低いと考えられるからです。また、車を対象にしたものでは、「エコカー割引」「新車割引」。ほかにも「ABS」「エアバック」などの安全装置を搭載している場合にも受けられる割引があります。

 なお、これらは自動車保険会社が独自に用意しているサービスであるため、利用できる割引は保険会社ごとに異なります。また、割引率もそれぞれ異なるので、契約時に見積りを比較してみると良いでしょう。
【参考】自動車保険会社の割引サービスの代表例

ゴールド免許割引

ゴールド免許を所持している場合

長期有料割引

ノンフリート等級が20等級以上で1年間無事故の場合

エコカー割引

契約車がハイブリッド車や電気自動車の場合

新車割引

初度登録年月が指定の期日内の場合

ABS割引

車にABSが搭載されている場合

エアバック割引

車にエアバックが搭載されている場合

イモビライザー割引

車にイモビライザーが搭載されている場合

福祉車両割引

車が福祉車両の場合

契約・更新手続きの際に受けられる割引

 上記の割引のほかにも、契約・更新の手続きの方法によって受けられる割引があります。そのうちの1つが「e証券割引」です。e証券割引では自動車保険の契約・更新時に保険証券や領収書などを発行しない場合に限り、保険料の割引を受けることができます。

 そのほか、保険始期日に先駆けていち早く更新手続きを行った場合に「早期契約割引」が受けられる場合があります。ただし、この割引を受けるには、保険会社の指定の期日までに自動車保険を契約もしくは更新する必要があります。カレンダーにメモするなどして、手続きを忘れないようにしましょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について