月払いは損なのか?自動車保険の支払い方法について

  • 【画像】自動車保険の月払い

 保険料の支払い方法には大きく分けて「年払い(一括払い)」「月払い(分割払い)」があります。また、決済の方法も「銀行引き落とし」「クレジットカード決済」などさまざまな方法があって、それぞれどう違うのかが複雑でわかりにくいものです。

 そこでここでは、自動車保険の月払いや一括払いの支払い方法や決済方法の特徴、どの支払い方法が得なのか、また解約の手続きとその注意点について解説していきます。複雑な保険料の支払い方法について理解し、自分にとって最適な自動車保険を選択しましょう。

そもそも自動車保険を月払いすることはできるのか

【自動車保険の月払いは可能?】
 自動車保険には、「代理店型」とインターネット経由で申し込む「通販型」がありますが、どちらも月払いは可能です。基本的に自動車保険は分割払いが可能な保険で、代理店型の自動車保険では多くの方が月払いを選択されています。しかし、保険料が安い通販型の自動車保険では、以前は一括払いしか選択することができませんでしたが、近年では月払いもできる保険会社が増えてきました。

【どんなケースで月払いを利用する?】
 自動車保険で月払いを選択するケースは、一度にまとまった保険料を用意するのが難しい場合や、契約の途中で車を手放す場合などが考えられます。まとまった金額を用意するのが難しいケースでは、まだ収入が少ない学生や新社会人の方、他に大きな出費があって保険料にお金を回せない方、新たに車を購入して保険料まで一括で支払うのが難しい方などが挙げられます。

 車を手放すなど契約の途中で自動車保険を解約する場合、年払いでも返戻金はありますが、途中解約する場合は月払いにしておいた方がお得でしょう。

自動車保険の支払い方法にはどんな種類があるのか

【自動車保険の支払い方法】
(1)一括払い
 1年分の自動車保険料を一括で支払う方法です。支払い方法は、現金払い、銀行振り込み、口座引き落とし、クレジットカード決済等の方法から選択することができます。まとまった金額は必要となりますが、分割払いのように手数料が発生しない点と、1回で支払いを済ませることができるため、煩わしくない点がメリットです。

(2)月払い(分割払い)
 一般的には年間保険料に「分割手数料5%」程度を上乗せした金額を、12分割して毎月支払います。10回払い、11回払いを採用している保険会社もあります。まとまった金額が用意できなくても保険に加入できる点、1回の支払い金額が少額で済む点がメリットです。
通販型では、クレジットカード決済での分割払いしか対応していない保険会社もあります。

【自動車保険の決済方法】
(1)銀行口座引き落とし
 自動車保険を契約した際に登録した口座から、一括もしくは毎月、自動的に引き落としをする方法で、支払いを忘れる心配が無い点がメリットです。ただし、口座残高には注意が必要です。主に、代理店型の自動車保険で採用されている方法です。

(2)銀行振り込み
 自動車保険会社の指定の口座に保険料を振り込む方法です。振り込み手数料がかかる、手間がかかる、払い忘れる可能性がある点がデメリットです。

(3)コンビニ決済
 コンビニの店頭、もしくはATMにて支払いをする方法です。24時間いつでも支払いをすることができますが、銀行振り込みと同じく、払い忘れや手間がかかる点がデメリットです。また、支払い期限が設けられている点や、近くにコンビニが無い所だと支払いができない点にも注意が必要です。

(4)現金決済
 代理店型自動車保険で代理店へ直接、現金で支払う方法です。振り込み手数料等は必要ありませんが、特に月払いの場合、代理店に支払う手間がかかります。また、払い忘れにも注意が必要です。

(5)クレジットカード決済
 クレジットカードで自動車保険を支払う方法です。カード利用によるポイントが貯まるのがメリットで、一括払いと分割払い、カード会社によってはリボ払いを選択できることもあります。通販型自動車保険では、銀行引き落としによる分割払いに対応していなくても、クレジットカードならば分割払いできる保険会社もあるので便利です。保険料とは別に、分割手数料を支払わなければならない点に注意が必要です。

加入・更新手続きでチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

自動車保険はどの支払い方法が一番お得?

【一括払いと月払いどちらがお得か】
 自動車保険を月払いにすると、一年分の保険料を12分割して支払うものだと思いがちですが、およそ5%の分割手数料が上乗せされた保険料を支払うことになります。月払いにしなければならない理由がない限り、自動車保険料は一括で支払う方がお得です。決済については、手数料も手間もかからない銀行引き落とし、もしくはポイントがたまるクレジットカード決済がおすすめです。ただし例外はあります。それは、契約の途中で自動車保険を解約する場合です。

一括払いや月払いの自動車保険を解約するときはどうすれば良いか

【自動車保険を解約するには】
 自動車保険は基本的に一年契約となっていますので、満期日になると自動的に解約されます。では、満期日を待たずに途中解約する場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

 自動車保険を途中解約する方法は簡単です。以下のような手順で解約が完了します。
(1)現在契約している保険会社に解約の旨を伝える
(2)解約に必要な書類が送られてくるので、記入して保険証券と一緒に返送する
(3)保険会社から解約が完了した通知が届き、返戻金がある場合は指定した口座に振り込まれる
 これで自動車保険の解約は完了です。ただし、解約にあたってはいくつか注意点があります。

【自動車保険を解約するにあたっての注意点】
(1)一括払いの場合は金銭的な損が大きい
 一括払いで支払っていた場合は、満期を待たずして途中解約すると解約返戻金が支払われます。しかし、満期日までの月数に応じた短期率と呼ばれる利率がかけられた金額となりますので、月払いの場合よりも解約返戻金額が少なくなる傾向にあります。

(2)手続きが煩雑になる、ミスが許されない
 もし保険を途中で解約して、新しい保険を契約する場合、解約日と新規の保険の開始日を合わせる必要があります。そうでないと保険に契約していない期間ができてしまいます。この期間に事故等を起こしてしまうと、当然ながら補償を受けることができません。

(3)等級の進行が遅れる可能性がある
 契約を途中解約して他社の自動車保険に乗り換えると、それだけ等級の進行に遅れが生じてしまいます。ただし、「保険期間通算特約」と呼ばれる新旧の保険契約期間を合算してカウントする制度を使えば、等級の進行に遅れは生じません。対応している保険会社は限られますが、この方法で回避することができます。

(4)車に乗らなくなった場合は、解約をせず中断証明書を発行しておく必要がある
 車を手放す等の理由で自動車保険を途中解約すると、等級がリセットされてしまいもったいないです。「中断特則」と呼ばれる、保険を解約しても最大10年間、等級を保持できる制度を利用しましょう。現在の等級を証明する「中断証明書」が発行されて、再度保険を契約する際に、中断前の等級で再開することができます。

 少し複雑な自動車保険料の支払い方法について解説しましたが、まとめるととてもシンプルです。自動車保険は何か特別な事情がない限り、月払いよりも一括払いで契約した方が金銭的にお得です。ずっと契約し続ける保険であれば一括払い一択で問題ありません。

 まとまった出費が厳しい場合や、契約途中で車を手放したり、別の保険会社に乗り換えたりする場合は、月払いの方が金銭的にメリットがあります。ただし、クレジットカード決済の分割払いは自動車保険料とは別に、カード会社の手数料分が別途加算される点には注意しましょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について