Q.保険会社の事故対応はダイレクト系と代理店系で異なるの?

【A】
 インターネットや電話を通じて加入することができる「ダイレクト系自動車保険」と、保険代理店による「代理店系自動車保険」。ダイレクト系は、人件費などのコストを抑えているため保険料が安くなるメリットがあり、代理店系は馴染みの担当者がいるという安心感があるが、事故対応は基本的には同じ。しかし、ところどころ異なる点もある。

【ダイレクト系・代理店系自動車保険の共通の事故対応】
・いつでも事故受付ができ、専任の担当者が迅速に初期対応を行う
・車の自走に問題がなければ、事故現場に担当者が駆けつけることはほとんどない

【ダイレクト系自動車保険の特徴】
・初期対応からその後の示談交渉など、最後まで同じ担当者が受け持つケースが多い

【代理店系自動車保険の特徴】
・初期対応の担当者と事故担当者が異なることが多い
・サービスの範疇として、普段顔を合わせている営業担当者が現場に来て精神面のケアをしてくれることもある

 両者の間に基本的な事故対応の差はなく、安心して任せられる。ところが、付帯するロードサービスの内容や範囲は異なることもあるため、万全な下調べをしてから申し込もう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について