Q.自賠責保険の慰謝料相場―むち打ちの場合は?

【A】
 むち打ち症とは、自動車の衝突や急停車などの衝撃が首(頚部)にかかり、むちがしなるような動きで前後に揺れて、頚部や神経に損傷を与える状態をいう。正式には「頚椎捻挫(けいついねんざ)」や「外傷性頚部症候群」と呼ばれるのが一般的だ。

 むち打ちになれば、首の筋肉の痛みだけでなく、肩こりや頭痛、めまい、ふらつきといった自律神経系の症状となって現れることもあり、精神的・肉体的苦痛は少なくない。そのため、むち打ち症の被害者は、加害側に対して慰謝料を含めた損害賠償請求をすることが可能だ。

 たとえば、赤信号で停車中に後方車両から衝突され、むち打ちで治療期間が60日間(実際の通院日数は32日間)に及んだAさんが、加害者の自賠責保険に請求できる慰謝料の額を見てみよう。

 まず原則的に自賠責保険で定められている慰謝料の支払い基準は、入院・通院を問わず、日額4200円となっている。この日額に、実際の「入院・通院日数×2」をかけた金額が慰謝料として認定される。もし、「入院・通院日数×2」が治療期間を超えれば、慰謝料として認められるのは治療期間内までとなる。

 Aさんの場合、実際の通院日数は32日間。この日数の2倍が慰謝料の算出期間となるが、この場合は64日となり、治療期間60日間を超えてしまう。そのため、Aさんが加害側の自賠責保険に請求できる慰謝料は、60日×4200円=25万2000円となる。慰謝料以外に、実際にかかった治療費や通院費、休業損害などの損害賠償を、支払い限度額の範囲内で請求することも可能なので、覚えておこう。

※事故内容により様々なケースがあるため、必ずしも上記の通りではありません。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について