Q.運転免許証の色で保険料は変わるの?

【A】
 運転免許証はドライバーの運転経歴によって、緑、青、ゴールドの3色に色分けされている。免許証を取得した際に交付されるのが緑色で、3年後の初回更新後には青色となり、有効期間が満了する日から遡って5年間無事故無違反ならゴールドの免許証が交付される。ゴールドのドライバーは事故を起こすリスクが低いといえるため、「ゴールド免許割引」を設定している自動車保険会社もある。

 運転免許証の有効期間は、免許証の色のほか年齢や違反経歴によって異なる。ちなみに、青色の免許証の場合、過去5年間に2回以上軽微な違反(放置駐車違反や速度超過など、違反点数が3点以下の内容)をしていると、有効期間は3年間となる。このケースに当てはまらない場合は、70歳未満は5年間、70歳は4年間、70歳以上は3年間と年齢別に有効期間が異なる。この条件はゴールド免許でも同様だ。

 運転免許証の取得年月日は、表面の左下に記載されている。日付の表記は3行あるが、このうち普通自動車の取得年月日は2行目。なお、1行目は自動二輪車、小型自動車、原動機付自転車で、3行目は第二種運転免許証となっている。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について