冷蔵庫・洗濯機の処分について

  • 冷蔵庫・洗濯機の処分について

 引越し時に出た不用品の処分の中でも、特に大変なのは冷蔵庫や洗濯機といった大型の白物家電の処分です。こうした家電の処分は他の不用品と違い手軽にできないので、引っ越し準備の中でも早めに済ませられるよう、事前の手配を怠らないようにしておきましょう。冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法で処分のしかたが決められています。この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機を廃棄する際に、消費者が収集運搬料金とリサイクル料金を支払うこと、販売店などが、この4品を引き取ること、またメーカーがリサイクルすることが義務づけられています。今回はその中で冷蔵庫と洗濯機の処分方法について紹介します。

冷蔵庫の処分方法

(1) 新しい冷蔵庫を購入する家電量販店に回収してもらう
 古い冷蔵庫を捨てて、新しい冷蔵庫に買い替える場合、その冷蔵庫を購入した家電量販店に回収してもらうことができます。古い冷蔵庫を撤去してもらう際に料金が発生してしまいますが、確実に回収をしてもらうことが可能です。

(2) 以前購入した家電量販店に回収してもらう
 冷蔵庫を新しく購入しない場合、古い冷蔵庫を以前購入した家電量販店に回収してもらうことができます。以前購入した家電量販店にも、家電リサイクル法に準じた回収義務があるからです。

この場合、リサイクル料金と収集運搬料金が発生します。
収集運搬料は大きさに関わらず、一台ごとに大体500円程度かかります。リサイクル料金は、メーカーによって異なりますので確認が必要です。主要な家電メーカーの料金は、170リットル以下の場合は3700円程度、171リットル以上で4600円程度が相場となっています。

(3) リサイクルショップに回収してもらう
 新しく状態がよければ、リサイクルショップに回収してもらえる場合があります。汚れによって査定額が大きく下がることもありますので、しっかりと汚れを落としてから査定をしてもらいましょう。また、違法業者に売り払わないために、「一般廃棄物運搬業」の許可を受けているかを必ず確認するようにしましょう。

洗濯機の処分方法

(1) リサイクルショップに回収してもらう
 洗濯機の場合、新しく状態が良ければリサイクルショップで回収してくれる可能性が高くなります。全自動のドラム式洗濯乾燥機の場合、性能が高いものであれば査定額アップが見込めます。査定額は、状態にもより大幅に変わります。落とせる汚れはきれいに落とし、付属品などもなるべく全てそろえて査定をしてもらいましょう。付属品は、取り扱い説明書、給水・排水ホース、元口、ドラム固定ネジなどになります。

(2) 家電販売業者に回収してもらう
 リサイクルショップで回収してもらえない場合は、家電販売業者に回収を頼みましょう。冷蔵庫と同じく、家電リサイクル法によって洗濯機も回収義務があるので対応してくれます。この場合も、リサイクル料と収集運搬料金がかかります。洗濯機のリサイクル料金の相場は、2500円前後です。運搬料金は収集場所によって異なりますが、およそ3000円以下になります。
冷蔵庫・洗濯機の処分のポイント
・冷蔵庫も洗濯機も状態が良ければリサイクルショップで買い取ってもらえる
・冷蔵庫の収集運搬料は大きさに関わらず、一台ごとに大体500円程度、170リットル以下の場合は3700円程度、171リットル以上で4600円程度が相場
・洗濯機のリサイクル料金の相場は、2500円前後、運搬料金は収集場所によって異なるが、およそ3000円以下
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について