引越し前の手続きはタイミングごとにリスト管理を

  • 必要な手続きは早めにリストアップ

    必要な手続きは早めにリストアップ

 引越し前にはやるべきことはたくさんあります。各方面への届け出・変更といった各種手続きも欠かせない作業ですが、そのタイミングや「どこで?」「どのように?」といった疑問は多いはず。

 しかるべき時期に間に合わない、うっかり忘れてしまうということがないよう、必要な手続きとその方法やタイミングは早めにリストアップしておきましょう。

引越しが決まったらやるべきこと

 引越し先や時期を決めたら、当日までにやるべきことがたくさんあります。現在の住居が賃貸であれば解約の連絡はなるべく早い方がいいですし、引越し会社選びのために見積もりも集めなくてはいけません。少なくとも1ヶ月前には、具体的な日取りや計画をまとめたいところです。そのためには引越しが決まり次第、一度全体のスケジュールを確認してまとめましょう。

 1ヶ月前、3週間前、2週間前など時期を刻みながらその頃やるべきことを時系列に分けていくと、より具体的なイメージをしやすくなります。事前に段取りをまとめておけば、引越しという大きな節目も安心して迎えることができるはずです。

 「気持ちばかり焦ってしまって何も手につかない」ということがないよう、早い時期から計画的な準備を心がけてください。

煩雑な手続きはリスト化して随時チェック

 引越し計画全体の段取りを整理したら、それに伴って行うべき各種手続きとその方法もリスト化しておくと便利です。

 役所への転居届はもちろん、電気・ガス・水道といったインフラや電話・インターネットプロバイダといった通信関係は特に確実な手続きを。引越しのおよそ1ヶ月〜2週間前までにはこれらを終えている状態であるよう、チェックリストは時期ごとにグループ化します。

 引越しまで2週間を切ってくると、どうしてもバタバタと慌ただしい雰囲気になってきますが、その時やるべきことが明確であれば焦りも半減するでしょう。引越し直前や当日、引越し後に忘れずするべきことも、一覧のリストにまとめておけば安心です。

引越し手続きのポイント
1 各種手続きとその方法もリスト化しておく
2インフラ系、通信系の手続きは1ヶ月〜2週間前までには終えるようにリストをグループ化
3引越し直前や当日、引越し後に忘れずするべきこともリスト化
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について