引っ越し手続きはチェックリストとスケジュール帳で随時管理を

 引っ越しの前後にはさまざまな手続きが必要になります。準備の段階でするべきこと、引っ越し後に行う各種届出。期日が指定されるものもあるため、うっかり忘れてしまっては大変です。手続きの一覧を記したチェックリストを用意し、スケジュール帳と照らし合わせて計画的に管理しましょう。

引っ越し前、早めに済ませたい手続き

 手続きによって引っ越しの日が決まり次第すればいいものから、最低でも1ヶ月前までには連絡が必要なものもあります。たとえば賃貸は退去申告の期限が決められていることも多く、期日は概ね引っ越しの1ヶ月前です。退去申告の遅れが原因で家賃を1ヶ月分多く支払うことになった例もあるので、引っ越しの日取りが決定次第、申告しておいた方が安心です。

 また、電話回線やインターネットプロバイダは変更を申請してからの切り替えに1ヶ月ほど要することがあるため、引っ越し先で利用予定があれば早めの手続きをおすすめします。

 そして2週間前頃になれば本格的な引っ越し準備です。引っ越し先が現在住んでいる市町村外であれば役所に転出届を提出し、「転出証明書」を受け取ります。国民年金や国民健康保険の手続きについてもその場で確認してください。転居に関する手続きは世帯の状況や市町村によっても内容の異なることがあるため、「なにが必要でいつまでに行えばいいか」は一概ではありません。

 電気・ガス・水道の停止申請、郵便局への転送届もこの時期には済ませておきたい手続きです。郵便局の転送届については登録の反映に1週間ほどかかることがあるのでお早めに。

前日まで、当日、引っ越し後の手続き

 前日までにクレジットカードや固定電話・携帯電話、銀行、新聞などの住所登録も変更を行ってください。当日は電気・ガス・水道の停止と開始、これまでの住居の引き渡しに引っ越し作業とやることが盛り沢山ですし、引っ越し後も転入届や国民健康保険・ペット・車など新しい生活のための登録手続きが必要です。

 いつ何を変更したか、あるいは問い合わせた結果どのような回答であったかなどを手続きのチェックリストとスケジュール帳に記録し、「うっかり忘れ」を予防しましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。