『ネット銀行』選択時の重視点、「会社の信用性」よりも「利便性」「操作性」重視

『2014年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット銀行部門』 [拡大する]

『2014年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット銀行部門』

 オリコンが『オリコン顧客満足度ランキング』の『2014年度 ネット銀行ランキング』の詳細を発表した。「ネット銀行を選ぶ際に重視した項目」(※複数回答)では、「手数料(振込み・ATM・時間外手続きなどを含む)」(67.2%)、「口座開設の容易さ」(60.2%)が1位、2位。それに次いで、ネット銀行ならではの「振込み・入金時間等サービスの利便性」(44.3%)、「PC・モバイル、スマホでの操作のしやすさ」(39.0%)などといった項目が上位に。ネット銀行のランキングだけに、これらの項目の重視点が高いのは想定されたが、「会社の信用性」(36.9%)を上回る結果となり、「信用性」や「知名度」よりも、「利便性」、「操作性」といった実用的な面を重視する傾向が浮き彫りとなった。

 『2014 オリコン顧客満足度ランキング ネット銀行部門』の総合1位は、昨年(2013年)2位だった【住信SBIネット銀行】。2012年以来2年ぶりの1位を獲得で、『項目別ランキング』でも「手数料(振込み・ATM・時間外手続きなどを含む)」、「PC・モバイルの操作のしやすさ(振込み・入金時などを含む)」、「取扱商品の豊富さ」、「付帯サービス(ATMの豊富さ・メール通知サービス・損害補償などを含む)」の4項目で1位となった。

 2位【セブン銀行】、3位【ソニー銀行】は、昨年の5位、7位からともに躍進。『ネット銀行を選ぶ際に重視した項目』の設問で一番回答の多かった「手数料(振込み・ATM・時間外手続きなどを含む)」で、【セブン銀行】の満足度は「73.78点(2013年)→ 78.01点(2014年)」、【ソニー銀行】は「72.82点 → 76.70点」とそれぞれ伸ばすなど、ユーザーニーズをうまくつかんだとも言える結果となった。

【調査概要】
◆調査期間:2014/02/27〜2014/03/04  ◆回答者数:6,846サンプル
◆調査対象者  性別:男女、年齢:18歳以上(高校生含めず)、地域:全国
条件:過去3年以内にネット銀行に口座を開設したことがあり、実際にその口座を利用してインターネットバンキングを行ったことがある人

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。