【ネット銀行】全10社の特徴&特色比較 利点を見極め賢く選ぼう!

ネット銀行選びに最適! 各社の特徴&特色紹介 [拡大する]

ネット銀行選びに最適! 各社の特徴&特色紹介

 ネット銀行は“高金利・手数料無料”などのメリットがあり、非常に魅力的といえる。とはいえ、社数も多く「どの銀行がいいのか、たくさんあって選べない!」という人も少なくないはず。そこで前回に引き続き、代表的なネット銀行の特徴や特色を比較し、自分に合った銀行選びを提案していこう。

 前回は、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行、新生銀行の5社を比較しましたが、今回は、ゆうちょ銀行、イオン銀行、スルガ銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行の5社について紹介しよう。

■ゆうちょ銀行

 いわずと知れたゆうちょ銀行も、「ゆうちょダイレクト」という名称でネットバンキングサービスを行っている。ネームバリューに安心感を覚えて登録するユーザーも多く、セキュリティ・システムの安定性には定評がある。すでに口座を所有していれば、ゆうちょダイレクトの登録を無料で行うこともできる。これまで生活費などのやりくりをしていた方は、ネットでの残高照会が容易になるので、家計簿をつける負担が大幅に軽減されるだろう。

 セキュリティで特徴的なのが「トークン」。“ワンタイムパスワード”ともいわれ、1度しか使えないパスワードを1分おきに生成する。これによって、仮にパスワードを見られても、次は異なるパスワードとなるので、不正アクセスを防止することができる。トークンは今年6月から無料配布を開始している。

■イオン銀行

 イオン銀行は、イオングループが運営するネットバンキング。全国のイオン系列の店舗にATMが設置されているほか、イオンショッピングモールなど大型店舗には一般の銀行と同様に有人の窓口を設置している。また、口座開設時に発行されるイオンバンクカードを系列店舗で使用すると、代金が割引されたり、ポイントが多くつくなどお得に買い物をすることができる。また、ATMを利用することで、買い物にも役立つクーポンが発行されるなどのサービスもある。

 セキュリティの特徴の一つは、独自のセキュリティソフト「SaAT Netizen」(サート・ネチズン)の無償提供。ホームページを自動的に監視するサービスで、利用時に様々な攻撃からガードしている。

■スルガ銀行

 スルガ銀行は、静岡県・神奈川県、他都市圏を中心に店舗を構える地方銀行で、ネットバンキングでは全国展開している。インターネット口座を所有していると、預け入れ金額に応じたジャンボ宝くじ進呈、ANAのマイル貯蓄、預金残高の範囲で買い物ができるVISAデビッドなど、各支店によって独自のサービスを利用することができる。実店舗展開している地域以外の方でも利用可能なので、ユニークなサービスに興味がある方には一考の価値がある。

 また、バイオセキュリティに早くから取り組み、「手のひら静脈」認証という生体認証を世界で初めて取り入れている。そのほか、リスクベース認証という技術も採用。通常使用していないパソコンからのアクセスがあった場合に、登録してある合言葉を表示し、全て回答しなければログインできない仕組みとなっている。

■ジャパンネット銀行

 ジャパンネット銀行は、三井住友銀行が運営するネット銀行。インターネットオークションやショッピングなど個人間における少額取引や証券会社FXなどの決済に特化した銀行だ。トークンと呼ばれる独自の機械を用いたワンタイムパスワードシステムを導入しており、セキュリティにも定評がある。

 日本初のネット銀行でもある同行。セキュリティ対策に2つの特徴があり、一つがワンタイムパスワード(トークン)で、もう一つが各種の保険制度だ。

 キャッシュカードを盗難されて不正利用された場合は「キャッシュカード盗難保険」で50万円まで補償。また、「預金口座不正使用保険」は普通預金から不正に振込されたことによる損害を補償する保険で、1口座当たり最大で500万円の補償限度額となっている。保険料は同行が負担するので、利用者は負担がかからず、安心な制度といえるだろう。

■三菱東京UFJ銀行

 三菱東京UFJ銀行も、三菱東京UFJダイレクトと呼ばれるネットバンキングサービスを提供している。三菱東京UFJダイレクトもまた認証システムにワンタイムパスワードを導入しており、セキュリティの質で高い評価を得ている。

 また、24時間のセキュリティ体制やSLLによる暗号化通信、何重ものパスワード、ソフトウェアキーボードの採用、ファイアーウォールの導入などの取り組みもある。

 そのほか、インターネットバンキング専用のウイルス対策ソフトとして「Rapport(ラポート)」を無償提供。ウイルスを検知・除去し、通信情報の漏洩も防止する。インストールするだけで自動的に機能することや利用料金がかからないこともメリットだ。

 すでに同行の口座を持っていて、ネット銀行に興味がある方は、導入の第一歩として三菱東京UFJダイレクトに登録してみるのも悪くないだろう。


 2週にわかって紹介した各銀行の特徴と特色。目的などにあわせて、自分にピッタリ合う銀行を見つけてほしい。

>> “金利”の満足度で選ばれた【ネット銀行】ランキング

>> 「普通預金」の満足度で選ぶ【ネット銀行】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。