【ネット銀行】賢い運用法を紹介! 成功に導く「3つのポイント」

ネット銀行で賢く運用するための「3つのポイント」 [拡大する]

ネット銀行で賢く運用するための「3つのポイント」

 実店舗をほとんど持たずにネット上でサービスを行っているネット銀行。近年はこのネット銀行を利用した資産運用が話題になっている。なぜ店舗型の銀行ではなく、ネット銀行が選ばれているのか? その理由と成功の秘訣を紹介する。

■理由1 金利の高さ

 ネット銀行が資産運用に向いていると言われる最も大きな理由は、金利が高いという点にある。ネット銀行は実店舗を持っていないのが特徴で、店舗を構えるコストや人件費を極力抑えることで、高い金利を実現しているのだ。一般的な銀行の普通預金金利が0.02%前後であるのに対して、ネット銀行では0.10%前後。一目りょう然で高い利率であることがわかる。

 実店舗を持つ銀行に比べるとATMが少ないと感じる人もいるかもしれないが、ATMの多いネット銀行と併用することで解決できる。長期的な預金を考える場合は、純粋に金利が高いネット銀行のほうがお得だろう。

■理由2 取引がリアルタイムにできる

 ネット銀行の強みのひとつに、リアルタイム決済がある。商品の購入画面からスムーズに振込画面に進めるので、面倒な入力作業が不要となる。ネットオークションやオンラインショッピングを日常的に利用している人に非常に便利だ。

 また、リアルタイムで決済できるということは、FXなど一分一秒を争う取引において強力な武器となる。ネットと連動してレートの更新を頻繁に行い、より正確かつスピーディーな取引を可能にしている。投資における運用としても最適といえる。

■資産運用を成功させる3つのポイント

【1】給与口座と貯蓄口座は別に作る

 振込先が指定されていることで、給与口座と貯蓄口座をそのまま一緒にしている人は意外に多いはず。もし、一緒にしているのであれば、貯蓄用にネット銀行を活用するのがいいだろう。給料の振込先は会社によって指定されていることが多く、ネット銀行に対応しているところは稀。

 振込後に預けたままにする人も多いようだが、普通の銀行口座は利子が低め。中・長期の預金には向いていないので、給与が振り込まれる口座とは別に、金利の高いネット銀行に貯蓄口座を作るようにしよう。たかが利子と思う人もいるだろうが、長い目で見るならば、絶対に損はないだろう。

【2】ATMの手数料をチェック

 手数料108円のATMで月4回お金をおろしたとき、108円×4で432円かかる。これを一年間続けたとすると、432円×12ヶ月で5184円。仮に時間外の216円の時におろしたとすると、2倍の1万368円の出費となるのだ。

 一回の手数料がさほど気にならなくても、塵も積もれば大きな出費となってしまう。一方、ネット銀行はATMの手数料が無料なところが多く、普段使いの口座にも最適といえるのだ。

【3】サイト利用でよりお得に!

 ネット銀行はネット上でサービスを展開していることもあり、サイトの情報が非常に充実している。投資信託の選び方や賢いローンの組み方など、サイト内でも詳しく説明されており、初めてサービスを利用する人でも安心して利用できるのだ。

 そのほか、期間限定のサービスや新たなキャンペーンなども随時更新されるので、自分に関係する情報を小まめに知っておくといいだろう。

 また、一般の銀行窓口と同様に、電話によるガイダンスも行っているので、わからないことや困ったことがあれば、いつでも相談しよう。

>> 「金利」の満足度で選ばれた【ネット銀行】ランキング

>> 「普通預金」の満足度で選ぶ【ネット銀行】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。