「お金が貯まる人」になるためには? 「3つの意識」が成功のカギ!

「お金が貯まる人」にはどんな傾向がる? 「3つの意識」を紹介 [拡大する]

「お金が貯まる人」にはどんな傾向がる? 「3つの意識」を紹介

 新年度を迎え、今年こそ「しっかりお金を貯めたい」と思っている人も多いはず。とはいえ、なぜか出費がかさみ、毎月貯金できずに苦しむケースもあるだろう。だが、貯まる人と貯まらない人との間には「お金に対する意識」で大きく異なる点が3つあるのだ。果たして、その違いとは何か? 自分がどちらのタイプかもあわせて、ぜひチェックしてほしい。

【その1】お金を「貯める」と「使う」の順番が違う

 お金を貯められない人に多くあるのは、「先にお金を使って、次のお給料日までにお金が残ったら貯めよう」と考える人。貯めることを後回しにしてしまうと、結局お金を使いきってしまう可能性が大きい。

 一方、貯まる人は、「先にお金を貯めて、残ったお金を使おう」と考える人。毎月手取り月収の1〜2割程度を先に貯めて、その分のお金は最初からなかったものと考え、残りの8〜9割でやりくりすれば、確実に貯まっていく。

 前者の人は、先にお金を貯めるように、順番を変えてみよう。

【その2】ボーナスの考え方が違う

 貯められない人には、ボーナスが入ったら「自分へのご褒美!」とばかりに全部使い切る人が多い。なかには、春夏の買い物でクレジットカードのボーナス払いをしていて、あっという間になくってしまうという人もいるだろう。

 貯まる人は、「ボーナスのうち、3分の1〜半分くらいは貯めよう」と、先に貯める意識がある人。ボーナスの3分の1から半分程度を貯めるクセがつけば、年間あたりの貯蓄は一気にアップする。ボーナスは業績によって出なくなったり、減ったりする可能性もあるので、「出たらラッキー」くらいに考えて、アテにしすぎないのがコツだ。

【その3】貯める「目的」に差がある

 貯められない人は、「お金がたくさんあったらいいな」という漠然とした気分の人。お金を貯める具体的な目的がないので、少しでも余裕があると、目の前の欲しいものにどんどん使っていってしまい、まとまったお金が残らない。

 一方、貯まる人は、「「結婚資金として200万円貯めたい」「来年のハワイ旅行のために30万円準備したい。でも、使いきって貯蓄がなくならないように、100万円を貯めよう」など、貯める具体的な目的を持っている。衝動買いをしそうになっても、「結婚資金がまだ足りないし」「いやいや、ハワイに行くんだった」と、優先順位が高いものを思い浮かべ、無駄な出費にブレーキをかけることができるのだ。

 以上、貯まる人と貯まらない人のお金に対する意識の違いを3つ紹介した。実は、貯まる人にとっては、3つとも当たり前にやっていることばかり。貯まらないと悩んでいる人は、ぜひこの3つを意識してみてほしい。

(ライター:西山美紀)

>> 優待“桐谷さん”が実践! 「1円でも得するための節約テク」

>> 節約には「住宅ローン」の金利も重要!? ランキングでチェック!


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。